03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2008.11.30 (Sun)

幸せのちから(THE PURSUIT OF HAPPYNESS)

 貧乏のどん底から天賦の才能と努力によって這い上がり会社を興した、というだけのストーリーなら単なるアメリカン・ドリームを描いただけの映画に終わったことだろう。けれども、この映画はすごい。それは、あくまでも父と子の絆を描いたヒューマン・ドラマだからだ。もちろん、すごいのはそれだけではない。とにかく息子役のジェイデン・クリストファー・サイア・スミス(Jaden Christopher Syre Smith)がすごい! 可愛い!! そして、巧い!!!
 特に人形を水に落とすシーン。あの表情は……何も言えねぇ……(北島風)。
 ウィル・スミス(Will Smith)の実の息子だと言うことを映画を見終わった後に知ったのだが、そんな色眼鏡で見なくても彼の演技は光っている。等身大の子供の役を、飾らずに自然体で演じきっていた。きっと、この映画はウィル・スミスだけでは成功しなかったのだろうと思う。それくらい、ウィル・スミス・ジュニアの演技は素晴らしかった。
 作品の中身は、先に触れたように父と子の絆を描いたヒューマン・ドラマだ。家も妻も職も失った。手元に残ったのはたったひとりの息子。この子を守らなければいけない……。
 ホームレスを続けながらもつかみ取った栄光。その道のりにある涙ぐましいまでの努力。不安という重圧に父は幾度となく負けそうになったことだろう。
 けれども、どんな状況でも諦めてはいけない。神様はきっと見ていてくださるから。そして思いがけない形で救ってくださるものだから。そういうメッセージのこもった映画だ。
 もうすぐクリスマス。その前に是非観て、心洗っておきたい作品。
EDIT  |  21:55  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

Comment

お久しぶりです!!
なかなか遊びに来れず、ごめんなさいv-406

私もこの映画観ましたv-222
ウィル・スミス・ジュニアの演技は素晴らしかったですよねv-352

信じ続けて努力をしていく難しさを学び、自分ももっと色々と努力せねばと思わされました。
とはいっても、切羽詰まらないと動かないクセがあるので、並々ならぬ決意が必要です^^;
ロッチ。 |  2008.12.10(Wed) 16:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。