03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2008.11.08 (Sat)

きんたろう

 新宿に、「ローズ・ド・サハラ」という名のエスニック料理店があって、これが私のお気に入りだったのだが、どうやら閉店したらしいという噂を聞く。恐くてまだ確かめていない。
 小さい頃は、隣の駅にある「金太楼鮨」という名の寿司屋によく行ったものだが、ずいぶん昔にこちらも惜しまれつつ閉店してしまった。お気に入りの店がなくなるというのは、お気に入りの本が絶版になってしまうのと同じくらいショックだ。
 数年前に父親が、「金太楼鮨」で働いていた職人が個人で店を持ったらしいという噂を聞きつけてきて、どうしても行きたいと騒いだことがあった。
 「金太楼鮨」があった場所から通り一本隔てた路地にひっそりと、その店はある。
 けれども、肝心の店は開いている様子がまるでない。その後数度にわたって近くを通ってみたのだが、やはり開いていない。そうこうしているうちに月日が流れ、再び父親が、あの職人は脳梗塞で倒れたらしいという噂を聞きつけてきたときには、私は社会人になって家を出ていたし、家族が揃うということもほとんどなくなっていた。
 それから三年。
 私が勤め先を変えて実家に戻った頃、ようやく店の看板に明かりが灯った。
 「金太楼鮨」に通っていた当時は、私はまだ幼稚園から小学生の間くらいだったろう。この頃から私は刺身が好きで、将来酒飲みになるだろうと周囲から囁かれていたものだが、その予言が当たったか外れたかはともかくとして、「金太楼鮨」でも一人前に寿司を頬張っていたようだ。けれども、私自身の記憶はない。ただ覚えているのは、そこで出される茶碗蒸しが大好きだったのと、デザートで出てくるアイスクリームが楽しみだったこと、そして、両親が出汁が違うと褒めた海老の味噌汁がクサくて苦手だったことだ、魚は生でも食べられた割に。
 今でも味噌汁の出汁は「鰹節」であってほしいと思っている。それはともかく、私にとって「金太楼」の思い出は、決まって茶碗蒸しとアイスクリーム、味噌汁なのだ。一度だけ親戚一同そろって新年会をしたことがある。けれども、何を食べたのか、覚えがない。それが「金太楼鮨」で食べた最後の食事だったにもかかわらず。
 ちなみに「金太楼鮨」は割と規模の大きい会社で、松戸にも店舗があったりするのだが、やっぱり近くにあってくれないと足は運びづらい。

 さて、例の店の主人が脳梗塞で倒れたらしいという噂は本当だった。それ以来、店の切り盛りはリハビリも兼ねているらしい。
 店を訪ねたのは9時近かったが、すでにいた客は帰るところ。カウンターのネタもほとんどない。それでもありがたいことに私たちのことは覚えてくれていて、しきりに懐かしがって、天ぷらとちらし寿司を提供してもらった。ネタは週に一度築地で仕入れているということだ。冷凍して保存されているから活きのいいネタが提供されるわけではないが、目利きとして腕がいいのか、普通に美味しかった。
 できればあの茶碗蒸しが食べたかったな、なんて言うのは贅沢だ。
EDIT  |  16:35  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

Comment

覚えてくれるのって

…すごく幸せなことだよね。

きっと、『また来て(美味しいって言いながら)食べていってね』
と、思いを込めて送り出していてくれているんだと思います。

これからも末長く頑張ってほしいものですよね♪
(∂∇∂) |  2008.11.08(Sat) 17:09 |  URL |  【コメント編集】

記憶

金太楼鮨……どこかで見た気が、と思ってサイトで支店を探すると
どうやら、東関東方面に展開しているようですね。

ウチからはちょっと遠いし、どこで見た?と頭を捻っていたら
思い出しました。
自分が見たと思っていたのは、桃太郎寿司、でした。いやいや。
まったく、いい加減な記憶です。

何人ものお客さんがみえているだろうに、
憶えていてくれていたとは、嬉しいことですね。
そんな思いも味のうち。
sk |  2008.11.08(Sat) 18:19 |  URL |  【コメント編集】

子供のころに覚えた味覚は特別ですね。
染み付いているというか、その味というか香りを思い出すと
その頃の感覚が甦ってきます。
清水義範の作品でそんなのがあったような。
huggybear |  2008.11.09(Sun) 21:46 |  URL |  【コメント編集】

ホントに、お久しぶりです(^^)♪

リハビリ出来るまでお元気に、なられるとは

店主様良かったですね(^^)

またタムさま『しずくのお宿』に

足を運んでくださいませ♪

また来ます(^^)/♪
しずく |  2008.11.10(Mon) 22:12 |  URL |  【コメント編集】

冷凍物と言えども

 最近の技術の進歩により、冷凍物だからと言って侮れないものがありますよ。
 凍るか凍らないかの温度で保存する、バーチャル冷凍は冷蔵庫でも有名ですし、最近は真空にしてから冷凍するという技術もあります。
 両方とも、ここ十年で普及した保存法だと思います。

 子供の頃出前を取ったお店は皆無くなってしまいました。
 特に大好きだった釜飯”鳥ぎん”が亡くなる時は寂しかったです。
 もうあの味が味わえないと思うと・・・・残念です。
myth |  2008.11.14(Fri) 23:51 |  URL |  【コメント編集】

小さな頃からなじみのあるお店が復活するというのは、
とてもうれしいことですね。
そして、ご主人が、リハビリを兼ねて、再開されたというのも
とてもいいことですね。
だって、前向きに生きていらっしゃるということですものね。

ひよこママ |  2008.11.15(Sat) 01:17 |  URL |  【コメント編集】

追伸です

  「ローズ・ド・サハラ」は、甲州街道沿いのビルの二階でしたね。
 新宿アイランドタワーB1にも行ったことがありますが、両店とも閉店してしまったとのことです。
 たしか、アフリカ系の料理が中心で、店員さんもアフリカ系の人でした。
 ワニやカンガルー、ダチョウ・・・ここで友人が「カンガルーってアフリカにいるの?」(~ヘ~;)ウーン まっ、いいか。
 辛い香辛料と、度数の高いアルコールで、一気に盛り上がりました!
 新宿アイランドタワー店では、子羊の脳の唐揚げを食べたことがあります。
 珍しい料理がお好きならば、新宿御苑前にある”みの屋”「さくら鍋(馬)」、両国橋のたもとにある”ももんじ屋”「ぼたん鍋(猪)」、熊、鹿、狸も美味しいですよ(^^)
myth |  2008.11.20(Thu) 22:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。