06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2008.08.04 (Mon)

未完のファンタジー

 ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズ最終巻(和訳)がついに書店に並んだ様子。私自身は『不死鳥の騎士団』のラストで打ちのめされて以来ストップしたまま、完結と聞くとまた読み始めようかなぁなんて思ってみたり……。
 ローリングの作品を私がはじめて手にした頃は、トールキンの名作がついに映画化! と世間がこの古典作品に再び注目し始めた頃でもあったけど、この時期、私はローリングでもなくトールキンでもなくただひたすら一途にロバート・ジョーダン(Robert Jordan)の『時の車輪(The Wheel of Time)』シリーズに夢中になっていた。
 
 歴史もそこに生きる人間も輪廻転生の下に名を変え、姿を変えて繰り返すという世界観。時の輪が回ることによって時代が変り、その軌跡に多様な「歴史模様」が浮かび上がる。カエサルやナポレオンのようなカリスマ性のある人間が現れ、模様をはっきりと紡ぎだすこともある。そのような歴史を織り成す人々を、作品では「歴史の織人」と読んでいる。
 物語の主人公ランド・アル=ソアも「歴史の織人」の一人として生まれたのだけど、それがかつて闇の王と戦い全界を崩壊に導いた竜王の生まれ変わりという設定。予言によると、再び闇王と闘うために命を落とすとされ、しかも全壊崩壊以来、男が使うといずれ気が触れてしまう魔力を必死の思いで使い続ける。こんなに頑張っているのに、世界の国々は闇王の恐怖に目も向けず、好き勝手に反目しあってはランド・アル=ソアを利用しようと企んだり、はたまた葬り去ろうとする。おかげで彼の性格は回を追う毎に偏屈で傲慢になっていく。ロバート・ジョーダンってアメリカ人ですよね? と思うほどにランド・アル=ソアは型にはまったアメリカ的なヒーロー像の枠の外にいる人物。
 中学生のころに、蝋燭を使って実像と焦点を結んだ反対側に巨大な虚像が浮かび上がる実験をしたことがあるが、ジョーダンの世界は、まさに現実の世界を大きく膨らましたところに形作られている。
 例えば国家観。
 ランド・アル=ソアの生きる世界には多様な国家があり、多様な民族が暮らしている。否定はしないものの(一部には強烈に他文化を否定し他民族を強行に同化させる民族もある)各々は相手の風習を受け入れがたい奇妙な風習だと思い、自国の文化こそは真にまっとうだと考える。一致して闇王と戦う意思はありながら、団結して事を起こそうとはしない。温暖化という共通認識がありながらまるで足並みの揃わない現実の世界によく似ている。偏見は悪いことだと知りながら、それでも他民族に対する大小さまざまな偏見をぬぐえない現実の世界によく似ている。ジョーダンは、その多様性を一枚の布になぞらえて「模様」と呼ぶ。歴史も多様性の中でオリジナルなデザインになる。
 けれども、決してそれを否定するのではないところがこの作品の醍醐味。
 ベット・ミドラー(Bette Midler)が「遠くから見れば世界は美しい」と歌ったように、ジョーダンの視線はとても高いところにあるから。
 遠くから俯瞰したならば、小さな人間たちが織り成した歴史模様はさぞかし美しいことでしょう。
 この美しい世界の中には、欠点だらけの人間が生きている。作品に出てくる個性豊かな人びとは皆、短所が強調されて描かれている。ランド・アル=ソアだけではなく、闇王その人もまた、驚くほどの知識と、驚くほどの無知を兼ね備えた強く弱い存在として描かれている。(しかも、闇王は同時に創造主であるという仄めかしまである)
 女尊男卑なところも特徴の一つ。何につけても女性が強い。そこには「男の歴史は戦争と血の歴史だ」という作者の強い信念があるらしい。
 12巻『A Memory of Light』で完結の予定だったけれども、私が11巻『竜神飛翔(The Knife of Dreams)』を読んでいる途中で、作者の訃報が飛んできた。アミロイドーシスという難病と闘いながらの執筆。ずっと作者の健康が心配される中での、あの堂々とした11巻の完結だっただけに、とてもショックだった。

 昔読んだ小説の一節に、「優れた人間というのは、神様がその才能を地に落としたことを惜しんで早くお手元に連れ戻してしまう」という(くだり)があったけど、それにしても作品の完成を待てなかった神様は本当に残酷だ。「ロバート・ジョーダンの後継者」によると、Brandon Sandersonという人が続きを執筆するらしく、2009年の秋には日の目を見る様子。
 日本語版はまだまだ先だなぁ……。
 と、完結編を手にする日を待ちわびつつ、ロバート・ジョーダンという偉大なファンタジー作家のご冥福を、心よりお祈り申し上げるのです。
EDIT  |  21:16  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

こんばんは

お忙しい中更新嬉しいです♪
…続編というと、確かに作者が亡き後に、未完の部分を書き足すというパターンあるけど、未完なだけに、また、作者の意向通りなのか、別物なのか、読んでも“納得”出来ない場合出ちゃうよね。

昔漫画家の手塚治虫さんが亡くなって、当時の連載作品中で、闘病中の主人公が命あるうちに格闘して頑張っているストーリが結局完結しないまま逝ってしまった、と記憶しているし、その続きは“個人的には”誰かが書いても見たくないかも。

また本人が書いた続編でも、例えば“あしながおじさん”とかも私的にはイマイチだったし…。
想像で無限に、個人個人が解釈したり創造した方がいいんじゃないかな? なんて思います。
ハリーはまだ読んでないけど、後日イッキ読みしてみたいかな(笑)
ドリトル先生シリーズもいまだに全巻読破してないし★

長々失礼!
無理しないで、でも出来たらまた更新してねv-10
嬉しかった(∂∇∂)より
(∂∇∂) |  2008.08.04(Mon) 21:56 |  URL |  【コメント編集】

連載小説の結末

 ハリーポッターの最終巻が、今、家にあります。
 妻が借りて来て、読んでいるようです。
 私は早い段階で、ロード・オブ・ザ・リングになびいたのですが、本は、翻訳が古すぎて、今の世には合いません。
 でも、あの映像は凄いと思います。全3話を一気に撮影し、一話ずつ編集して映画にする・・・だから繋がりや役者の成長も気にならない作品です。

 未完成で終わってしまったシリーズ本って気になりますね。
 でも、別の人が書き続けた方が良いのか、読者の想像に任せたほうがいいのかも悩むところです。
 ハリー・ポッターの場合は、早い段階で全作が書かれ、金庫に眠っていたそうですが・・・。
myth |  2008.08.05(Tue) 22:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。