06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2007.07.01 (Sun)

アメリカひじき・火垂るの墓

作: 野坂昭如

<収録作品>
 1.火垂るの墓
 2.アメリカひじき
 3.焼土層
 4.死児を育てる
 5.ラ・クンパルシータ
 6.プアボーイ

 「戦中・戦後」を生き抜いた、あるいは生き抜けなかった少年少女達を主人公に描いた短編集。
 全体的に一本調子の文体でまとめ上げられていて、その技量には感嘆するものの、他人を寄せ付けない風がある。私には難解。

<火垂るの墓>
 映画を観たのは幼稚園生の頃だったかと思う。私がというよりは、父が『となりのトトロ』を観たかったらしく、私をだしに映画館まで連れて行ったのだが、その際同時上映されていたのが『火垂るの墓』だったはず。
 昔の映画館はいつ入場するのも自由だったし、いつ退場するのも自由だったような気がするので、映画を観た順番もあてにならないのかもしれない。とりあえず私が観た時は、『火垂るの墓』が最初で、『となりのトトロ』がその次だった。『トトロ』観るつもりで『火垂る』が始まったものだから、当時の私には何が何だかわからず、意味はわからないまでも号泣で、「せっちゃんかわいそう、かわいそう」と思ったものだ。
 それ以来、映画は観ていない。あまりにも切なかった当時の印象が今でも強すぎて、もう一度観たいとはどうしても思えないでいる。
 そんな私だから、原作を読んで「詐欺だろう」と最初に思った。……泣けない。流暢すぎて、頭の悪い私には取っつきにくい文体だということもある。それよりも、この作者は感激や同情を求めているのではなく、ただ、ありのままをありのままに、書いたのだろうと思えた。それも、さらりと流す独特の語り口で。
 先だって蛍が飛ぶのを観てきた。蛍の光は人の魂の光だというけれども、あの妖艶な光を見ていると、ふむ、さもありなん、と思えてくるから不思議。

<アメリカひじき>
 『火垂るの墓』に比べれば、はるかに『アメリカひじき』の方が私は好きかもしれない。(かなり大人向けな作品だが)
 妻子が海外で知り合ったというアメリカ人夫妻が日本に来て自分の家に滞在する。そのアメリカ人夫妻がかなり図々しく家に居座る。そんなシチュエーションを、アメリカ軍が日本にどかんと腰を降ろして占領した戦後の情景と重ね合わせるように物語が進行する。
 表題の「アメリカひじき」は、食うに困っていた戦後の混乱期に、猫ばばしてしまったアメリカの物資の中に入っていた“紅茶”を“ひじき”と間違えたというエピソードで最後が締めくくられるのに由来している。紅茶の存在を知らなかった当時の主人公の母親が、煮出しても煮出しても灰汁が出る・・・と何度も灰汁抜きを繰り返して食卓に並べたその紅茶。当然ながら食べられた代物ではなかった、という苦い思い出話。

【続き】


<焼土層>
 感激話。これは読むべし!
 私自身の親不孝ぶりをいたく反省。

<死児を育てる>
 収録作品中でピカイチだと私は思う。
 鼠駆除のエピソードからはじまり、その鼠が思いもかけない結末に至っている辺り。すごい。用いている題材の良さは格別、技巧的にも読者を楽しませてくれる逸品。

<ラ・クンパルシータ>
 ざまぁみろ、と思ってしまった私。最低。
 悲惨なことはよくわかるのに同情できないのは、主人公の「我が儘」振り、腹に据えかねるから。

<プアボーイ>
 これも良くできている。
 最後に「オチ」た時に、私は思わず「あはは」と笑ってしまった。主人公にしてみれば、それどころではないのだが……。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  00:31  |  TB(1)  |  CM(7)  |  Top↑

Comment

こんばんは

「火垂るの墓」は、もうずいぶん前にTVで観たけど、やっぱり重た~い気分になりました

戦争を知らない世代の、若いタムさんが・・ 「戦中・戦後」を生き抜いた、あるいは生き抜けなかった少年少女達を主人公に描いた短編集・・に目を向けてくれて、嬉しいな・・と思いました

おっと~、そう言う僕も、戦争を知らない世代に変わりなかった~
ちょっと、おじさんぶってしまった~ /(*o*)
DJ JAKK |  2007.07.01(Sun) 00:52 |  URL |  【コメント編集】

あまり好まないタイプかなあ。というより、トラウマなんですよね。小学生時代にやたら戦争ダメだよって聞かされて。
子どもの時だから、よく分からなくて興味なくて、それでも押し付けみたいにやらされたから嫌いになって。

もういい年になったので、また改めて戦争や、いろいろなことについて学ぶきっかけとして、お勧め頂いたタイトルは覚えておこうと思います。
一九 |  2007.07.01(Sun) 05:06 |  URL |  【コメント編集】

コメントありがとうございました。

 ブログにコメントは初めてですね。

 去年の9月からブログをはじめてようやく少しなれ始めました。
 描きおろしの展示画廊をこれからもよろしくお願いします。

 コメントの返事も私のブログで読んでください。
oz1093 |  2007.07.01(Sun) 08:47 |  URL |  【コメント編集】

お久しぶりです!
お元気ですか?
・・・なかなか更新できません(汗)
また来ます!
あすか |  2007.07.01(Sun) 21:00 |  URL |  【コメント編集】

蛍は儚い

>>DJ JAKKさん
 あははは☆

>>一九さん
 そうですね。機会があれば、一冊、是非にも手に取ってみてください。

>>oz1093さん
 コメントありがとうございます。
 また立ち寄らせて頂きます!

>>あすかさん
 元気です!
 あすかさん、お忙しそうですね。お体壊さないように、気をつけてあげてください!
 ブログは、書こうと頑張ると疲れてしまうので、書ける時に書こう、くらいの気楽さでいた方がいいかもしれませんよ☆
タム@管理人 |  2007.07.01(Sun) 23:13 |  URL |  【コメント編集】

TBありがとうございました

こんにちは。TBありがとうございました。
そうですよねえ、「火垂るの墓」の原作は、泣かせようと思っては書いてないですよね。
「焼土層」も、よかったですね。
とむ影 |  2007.07.05(Thu) 17:35 |  URL |  【コメント編集】

そうですね!

「焼土層」は本当に良いと思います。
タム@管理人 |  2007.07.07(Sat) 16:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

読書 「アメリカひじき・火垂るの墓」

「アメリカひじき・火垂るの墓」新潮文庫の100冊CD-ROMアメリカひじきは、
2007/07/05(木) 17:24:27 | 海の底の昼下がり
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。