03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2008.04.20 (Sun)

why not!

 気になって調べてみたところ、先月時点の市の人口は10万人を越えていた。
 私が小学生だった当時、社会で一番最初に習うのは「わたしたちの まち」というテーマで、市内の自然から政治から、そして産業についてを勉強したものだった。その一環で市で唯一のゴミ焼却施設に見学に行き、当時の市の人口はもうすぐ7万人だと教わったのを記憶している。地理的には「東京のベッドタウン」と呼ばれる千葉県の北西部。東京駅まで総武線快速で1時間。一番近い東京都まで鈍行でも30分かからない距離だということを勘案すると、この人口の増加率は決して高い方ではない。しかもここ数年10万人を維持している様子だ。市内に住む友人達は、この弱小都市を指して「陸の孤島」と呼ぶのだが、その通りだと私も思う。
 面積も人口もコンパクトな町だ。だからこそ焼却施設も一つで間に合う。
 しかも、当時はとても性能の悪い施設だという話だった。昔からゴミの分別が徹底されていて、それが当たり前と思って育ってきたものの、風の噂では、「焼却炉の性能が悪くて高温で燃やせないから、分別している」ということらしく、「現に隣の市の焼却炉は性能がいいので、ゴミの分別なんてことはやっていない」と言われていた。中学までを市内の公立学校に通った私には実感のない噂話だったが、高校生になって隣の市に通うようになって理解した。お隣はゴミの分別なんてやっていない。
 可燃ゴミ、不燃ゴミ(プラスチック)の別がないだけでなく、ペットボトルも乾電池も一緒のゴミ袋。はっきり言ってショックだった。資源問題が流行りだしてからは分別が始まったらしいが、少なくとも私の高校生活3年間、お隣はゴミの分別とは無縁の自治体だった。
 ゴミ一つをとってもこの有様。お隣と戦争が始まったら、私の市は数日で白旗をあげることだろう。とはいえ、私はこの街がとても好きだ。

 三崎亜記の『となり町戦争』には様々な皮肉が込められている。

 ある日突然、となり町と戦争が始まる。戦争はプロジェクトであり、ふたつの町が「協力」して推進するものだという。戦争に従事しない、いや、興味のない一般人には戦争が一体どこでどのように行われているのかわからない。そもそも何の為の戦争なのかさえわからない。しかし確実に人が死んでいく。
 「ビジネスとして成立する戦争」という皮肉だけではなく、「役所(官)のやることは市民には理解できない。また、同時に市民は役所のやることに興味を持たない」という皮肉。他にも色々とある。私たちは、今の現状に不満の声を上げても、現実を受け入れ受け流して生きている。
 ラジオドラマでこの作品を知ったが、淡々としすぎていて感じるところが何もなかったため、とりあえず原作も読んでみた。映画は観ていないが、観た人曰くユーモアが強すぎるらしいので、私は原作の小説だけでひとまず満足しておくことにする。
 最近になって知ったことだが、ロバート・ケネディ(
Robert Francis Kennedy)にこんな言葉があるらしい。「Some men see things as they are and say, why. I dream things that never were and say, why not.
 現実に「なぜだ」と問いかけるだけで終わらせてはいけない。実現しない夢に向かって「どうして実現しないのか、どうしたら変わるのか」と考え行動する。私たちが見直すべき姿勢なのだろう。
EDIT  |  17:54  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

Comment

ここ暫く…

脳が機能してナイような状態で、記事を
…むむぅ‥難解なりぃい~と把握しきれてなくて、すっとんきょうなコメントになりスミマセン(先に謝るであった)。

今の職場の店長は横浜育ちだったからか、ゴミの分別は全然無し★
ペットボトルはまあ燃えるゴミでもヨシとしても、乾電池はダメでしょ~!
と捨てたのを見て慌てて拾い出した事あったけど、つまり、都会育ちとは、そういうコトであったのかっ!と納得。

今とにかく様々に混乱していて全てがマトメ難いけど、タムさんの文章の中からもヒントを見付けて頑張ってみるネ!
ではでわ
(∂∇∂) |  2008.04.20(Sun) 20:15 |  URL |  【コメント編集】

むむ。

となり街と戦争って考えがまずなかなか思いつかないなって思うんだけど
例えば本当にそうなったとして、わたしが住んでいるところも真っ先に
負けそうです。
加勢してくれそうな自治体もないし。

ごみの分別は高校入ってから覚えました。
それまでは燃えるものも燃えないものもおんなじ袋にいれて出していました。
いまだに分け方がかなり甘い(燃えるものに燃えないものを混ぜる等)です。
シビアになんないとなあ。
ひろせ |  2008.04.21(Mon) 00:09 |  URL |  【コメント編集】

ゴミの分別って、そんな理由で街によって変わってくるんですか!?
最近、レジ袋を有料にしたり、環境について社会全体で考えるよぅになったよぅな気がしますー(^^)
今回も勉強になりました☆★
まりまり |  2008.04.21(Mon) 00:18 |  URL |  【コメント編集】

私は分別ゴミちゃんとやってるよ~(o`・ω・)ゞ
エコバックもこないだ買ったわ★
みんながそう言う気持ちであれば、
ゴミも次第に減ってくだろうに・・・。後コメント(☆≧∀≦☆)ノ*◇*――ァリガ㌧㌧――*◇
亀さん |  2008.04.21(Mon) 04:32 |  URL |  【コメント編集】

 10年前くらいに川崎市に住んでいたころは、ゴミの分別は無く、しかも毎日が収集日でした。
 それが、東京に引っ越してきたら、細かい分別が必要なのと、収集日が細かく分かれているので戸惑いました。
 環境のためと思ってがんばって分別していたのですが、去年から私が住む区の焼却炉がよくなったようで、殆どのものが燃えるゴミになりました。
 なんだか時代に逆行している気がするんですが (・・*)ゞ
myth |  2008.04.21(Mon) 15:03 |  URL |  【コメント編集】

タムさん、お久しぶりのお邪魔です

ブログ休止中にもエールを送っていただいて、ありがとう!!
そして、復帰いちばんにお出迎え、ありがとう!! とっても嬉しかったですi-275
また、こちらへ寄らせてくださいね

今夜は、お礼まで・・・
また、ゆっくり出直します
DJ JAKK |  2008.04.23(Wed) 01:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。