05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2008.03.10 (Mon)

東京へはもう何度も行きましたね

 週末のたびに千葉の実家から横浜の居宅へ戻るという生活を繰り返していた頃、帰りが遅くなるといつも車を利用していた。夜中にレインボーブリッジを渡り、正面に東京タワーの赤い光を見つけたときというのは、いつでもちょっとした感激だった。
 すらっと緩やかな曲線を描いて天に聳え立つその姿は、華奢な貴婦人がすまし顔をしているようにさえ見える。なかなか昇る機会もなく過ごしていたが、先日ついに念願かなって天空から摩天楼を拝むことができた。
 生憎今にも泣き出しそうな天気だったので、遠くの山並みまでは見られなかったのだが、単細胞の私は童心に返って大騒ぎ。機会があればもう一度是非昇りたいし、次は日曜日の夜にやっているというジャズの音色と華やかな夜景に酔いしれてみたいと思う。是非。

 さて、ただいま私は東京タワーが大変美しく見えるビルの最上階に勤務中だ。改めて東京タワーの美しさをしみじみと感じているこの頃だが、最近は東京タワーを見る度に表題の一節が脳裏に流れる。マイペースの『東京』。この曲をリリー・フランキー原作のドラマ『東京タワー ~オカンとボクと、時々オトン~』でBEGINがカバーしていたので、妙に東京タワーとリンクしてしまった。「東京」という表現が、妙に古臭く田舎臭く、そして懐かしく温かい。
 近隣の都市を含めた東京都市圏に住む人口は3,570万人。ニューヨーク大都市圏の人口1,900万人を遥かに上回る巨大な街ということだ。この巨大な都市を支えているものは、最先端をいく技術だけではなく、こうした古き良き懐かしさにもあるのかもしれない。
 その昔、勤め先から泉岳寺へ丁稚奉公していた時期があったが、その帰りに気紛れからよく三田まで歩いた。その途中に大きな交差点があり、左を向くと道路の延長線上に東京タワーが伸びている。あの感激は今でも忘れがたい。奉公が明ける前に、あの光景を1枚撮っておこうと思っていたのに、結局撮らず仕舞いだ。泉岳寺も三田も私には縁遠い場所なので、もう二度と歩くことはないかもしれない。ちょっと残念だったかな。でもいいか。美しいものは、思い出に留めておく方がなお美しいものね。

【続き】


 追記。
 ご報告が遅れましたが、先日ブログタイトルを変えました。裏ブログに合わせた形です。裏が現在進行形、こちらが過去進行形なので。
 だんだん、ブログに対する私なりのスタイルが見えてきました。
 これからもこんな調子で続けていこうと思いますので、宜しくお願いします。
EDIT  |  22:59  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

白いー

なんか綺麗ですね東京タワー。実物見たことないけど。ネガ?どうやって獲ったんでしょう。神秘的です。
一九 |  2008.03.11(Tue) 00:27 |  URL |  【コメント編集】

ホントにキレ~♪

特殊撮影ナノ?

住みたくはないけど、都会のネオンとか、お店とかは楽しく、綺麗だしやっぱりいいよね~
(∂∇∂) |  2008.03.13(Thu) 22:51 |  URL |  【コメント編集】

素敵な写真ですね♪

「美しいものは、思い出に留めておく方がなお美しい」・・・
同感です。
この美しさ、感動を人に伝えたい!と写真を撮ってみたら、アレ?
ということはしょっちゅうですし、思い出の場所に行ってみたら、アレ?
となってしまいました。(ToT)
思い出は美しいです!
時雨 |  2008.03.14(Fri) 09:15 |  URL |  【コメント編集】

 私も終電がなくなるまで残業していた時は、タクシーを利用して帰りましたが、その時間にはもう照明も消えていて、なんだか寂しげに見えました。
 私は生まれも育ちも東京なのですが、高い所が苦手だったこともあって、22歳になるまで東京タワーに登ったことがありませんでした(^^;

 東京の夜景を背景にしてジャズを聴くのはおしゃれですね。
 若い頃は24時間活動している都市が好きで遊びまくりましたが、今は東京は働くところで、住むところではないように感じます。 
myth |  2008.03.14(Fri) 20:43 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。