06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2008.01.21 (Mon)

思い込みで失敗のこと

 きいろいのは ちょうちょ
 そう言って、少年は虫取り編みを振り下ろす。黄色い蝶を探して少年が振り下ろした網の中にはいつも、黄色いけれども蝶ではないものが入っている。けれども、少年は懲りずに何度も繰り返す。黄色いものは蝶だと信じて、何度も、何度も振り下ろす。やがて少年は諦める。
 きいろいのは ちょうちょ じゃない。
 何しろ、一度も黄色い蝶を捕まえることができなかったから。黄色いのは蝶ではないのだ。そうして黄色い蝶探しを諦めた少年の横を、今度こそ黄色い蝶が飛んでいく。けれども、少年は最後まで気が付かない。
 五味太郎の絵本『きいろいのはちょうちょ』。
 私が大好きな絵本のひとつ。次に少年がどんな黄色いものを捕まえるのだろう、とわくわくしながらページをめくった昔がとても懐かしく、「きいろいのは ちょうちょ」というフレーズが、今でも事あるごとに頭の中で反響するほどだ。黄色いのは必ずしも蝶とは限らないのに、絶対に蝶であると頑なに決めつけて行動するのは何も少年に限ったことではない。私たちはいつでも固定観念に縛られて生きているし、それが時に偏見となって摩擦を生み出すことさえある。広い知識と柔軟な発想があれば、世の中には一つの事象が必ずしも一つの結論を導くものではないという素晴らしい可能性の扉を開くのだろう。が、偏屈と偏見に雁字搦めにされた俗人の私であるので、何を書いても説得力がないのが悲しい……。
 そうそう、つい最近ミートソースが無性に食べたくなった時のこと。赤いトマトジュースを買ったつもりで家に帰ったら、赤い野菜ミックスジュースが袋の中に入っていたということがあった。トマトジュースをベースにしているジュースだったのでかなり際どいミスだったと自分では思いたいのだが、やはり野菜ジュースは野菜ジュース。これではミートソースは作れない。この手の野菜ジュースは購入する習慣がなく、てっきり赤い飲み物を買えば漏れなくトマトジュースに当たるものと勘違いしていたのが原因だった。赤いのはトマトジュースではあるものの、必ずしもトマトジュースとは限らない。パッケージはきちんと見ないといけないのね、ひとつ勉強した。それ以後気をつけるようになったが、人は失敗しないと注意深くはならないものなのだとも思った。
 数年前のことだけど、とある有名な観光地で買った菓子の消費期限が一年も前のものだったということもあった。1年前の日付が記載された消費期限シールの上に、数ヶ月先の日付が記載された消費期限シールが貼ってあったのだが、買うときにそんなところまでは確認せず。店頭に並んでいる物、当然消費期限は未来のものに決まっているというこれも固定観念。今は至る所で偽装が問題になっているけれども、私はこの苦い経験以後、消費期限というものをあまり信用しなくなった。とはいえ、こういう疑心暗鬼はあるべき姿ではないかもしれないが、失敗に学ぶことは色々と多い。
 ただ、失敗に学んだことが間違っているということもある。絵本の少年は何度も黄色い蝶探しに失敗し、結局は「黄色いのは蝶ではない」と結論づけてしまう。すぐそこに黄色い蝶が存在しているのに、成長の軌跡の上にはひとつの壁が築かれて、今確かに存在しているものから目を背けてしまう。「そこにいるよ!」と幼い読者は少年に呼びかける。けれども、少年は最後まで黄色い蝶に気付かない。
 夢を諦めて、すぐそこに確かにある「宝物」を見失うのが大人だけど、そんな夢のない大人になったらダメだよ、作者はそう言いたいのだ。
 もちろん、夢を見つけるのは架空の少年ではない。何度失敗を繰り返しても諦めずに探し続け、そして目的地へたどり着くのはほかでもない、「ほらそこに蝶がいる!黄色い蝶は確かにいる!」と叫んだ、幼い読み手たちなのだ。
EDIT  |  00:00  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.01.21(Mon) 01:16 |   |  【コメント編集】

こんばんはぁ☆★
絵本って、話が深ぃですネ~
小さい頃は、ただ単純に話を読み取っていたと思いますが、
大人になって読み返してみると、見えてくるものがいっぱいあるのかもしれなぃですネ(^^)
ステキなお話ありがとぅござぃましたw
まりまり |  2008.01.21(Mon) 01:28 |  URL |  【コメント編集】

経験則

 大人になると、過去の経験から良く物事を考えずに決め付けてしまうことが多いのかもしれません。
 目で見ても正しい情報が脳に行っているとは限りませんね。
 経験則を学習効果と呼ぶのが正しいとは限りません。
 今年は新鮮な思いで、色々なものを見直すことが出来たら良いですね(^^)
myth |  2008.01.21(Mon) 18:42 |  URL |  【コメント編集】

思い込み

思い込みって怖いですよね。
大人になると、いろんなことを思い込みで決め付けてしまっていて
それがとても窮屈なことに全く気づいていないことがよくあります。
なるべく、柔軟に、あるがままに、って思うんだけど難しいですね。
ひろせ |  2008.01.22(Tue) 00:57 |  URL |  【コメント編集】

絵本

私も、五味太郎さんの絵本は、絵も文章も大好きです♪^^
このお話は、「しあわせの青い鳥」に通じるものがあるのかな。
小さいころ読んだ絵本で、鮮明に覚えているは、
やなせたかしさんの「やさしいライオン」。
だって、ハッピーエンドじゃないんですもの。衝撃でした。
時雨 |  2008.01.22(Tue) 10:29 |  URL |  【コメント編集】

思い込みって

ありますよね。
職場で、“果物をむいていた”と言っただけで、みんな、リンゴだと思ってしまったことがありました。誰もリンゴとはいっていないんですけどね。
賞味期限の話は、ちょっとびっくりしました。一年前って、ありえないです!!

絵本は、子供の頃に読んだものを、子供が生まれてから、児童館で読んだのですが、ただ面白いだけじゃなくて、考えさせられる話だったんだと知りました。大人になってから絵本を読むと、またいろんなことが見えてきますね。
ひよこママ |  2008.01.24(Thu) 18:59 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。