09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2007.12.02 (Sun)

金龍山 浅草寺

 聖観音宗の総本山。
 浅草観音とも呼ばれているようだ。どうでもいい話、浅草寺はセンソウ寺なのに、なんで浅草観音はアサクサ観音なのだろう、なんて素朴な疑問もあるにはあるが、センソウ寺、アサクサ観音、ついでにアサクサ神社と決まっていることなのでおとなしく覚えることにする。(もっともアサクサデラでもいいらしいがこれは俗称)
 本尊は(しょう)観音。その歴史は古く、628(推古天皇36)年にまで遡る。隅田川で漁をしていた兄弟が、網に引っかかった聖観音を供養したのがその始まりであるそうな。東京都内最古の古刹でもある。ここの観音像は秘仏ということで、絶対に公開されない。信者にさえ公開されないそうだ。もっとも、この観音像が安置されていた旧本堂は第二次世界大戦で消失。果たして現在の本堂の中に聖観音は……なんて罰当たりなことはこれ以上言わないことにして、早速無病息災を祈願。境内を散策してみた。
 本堂までの喧騒に比べると、他の場所は閑散とした趣。人の邪魔にもならず、人に邪魔されもせず。このくらいの人数の方が、のんびり散策できるのでいい。
 ちなみに、聖観音を見出した兄弟と、浅草寺を起こした僧侶の三人を神様として祀ったものが、浅草寺境内にある浅草神社。もともと浅草寺と同じ物だったようだが、明治時代の廃仏毀釈とやらで完全に分離したらしい。
 俗に「三社さま」とこの神社が呼ばれるのは、その三人の神様を祀っていることに由来する。三社祭を一度くらいは生で見てみたいと思うものの、今回仲見世を歩いた以上の人の出であることを考えると、どうにも足が向かない。けれども、やっぱり一度くらいは行ってみたいなぁ。……うむむむ、ジレンマ。
 さて、境内に佇んで西側を眺めると、長い棒が立っているのが見える。その頂上から人が落下! 花やしきのアトラクションだった。
 ……って、あれれれれれ??
EDIT  |  11:13  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

Comment

やはり、仲見世のにぎわいはこれからが本番なんでしょうね

浅草あさくさとかセンソウジとか読み方いっぱいでごっちゃになります(汗)
でも、あの独特な雰囲気は最高ですね。
今日も拍手♪^-^
kiki |  2007.12.02(Sun) 12:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。