03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2013.01.05 (Sat)

勘違いの歌

 ロシア民謡に『一週間』という有名な歌があります。「日曜日に市場へ出かけ」で始まるあの歌です。幼いころ、私は日曜日に市場へ出かけて買ってきたものは「糸」と「朝」なのだと思っていました。何しろ月曜日にお風呂を焚いて火曜日に入るような歌なので、一週間の始まりに「朝」を買ったところで不思議には思わなかったのです。
 しかし、それが「母さんが夜鍋をして」で始まるあの『かあさんの歌』になるとそう呑気ではいられません。二番の歌詞で「母さんが朝糸紡ぐ」が「一日紡ぐ」と続いて頭の中が大混乱。「一日」に朝は入るのか、入らないのか、どうでもいいことで悩んだ時期があります。そもそも、『かあさんの歌』自体が私にとって勘違いの宝庫で、「夜鍋」は夜食のことだと思っていたし、「笑う血仕事」で父親は土間で笑ってひどい仕打ちをしていたのだと思っていたし、「根雪」ではなく「ねえ、雪」と呼びかけているのだと、思っていましたし。この歌のちゃんとした意味を理解するのは小学校も高学年になってからだったと思うのですが、私がこの歌を習って歌ったのはなぜか保育園の時でした。保育園児に『かあさんの歌』の妙味がわかるものですか。今はそう言いたい。
 歌で勘違いといえば、『大きな古時計』のお爺さんの名前は「ボル」なのだと思っていたこともあります。ほら、だって最後の方で「天国への、ボルお爺さん」って歌ってるでしょ?
 あと、ほら、赤い靴を履いた女の子はニンジンさんに連れられて行っちゃったり……やれやれわたくし、恥の多い人生を歩み続けております。
 ところで冒頭の『一週間』ですが、小さいころに歌って覚えた歌詞と本当の歌詞は少し違っているのをご存知でしょうか。特に水曜日に泊りがけで来訪した「友達」と最後に呼び掛ける「友達」は、ただの友達ではなく「愛しい恋人」だというのだから興味深いですよね。また、土曜日は単なるお喋りをしたのではなく、故人の思い出を語り合っていたようです。(詳しくはこちらへ)
 また、これは単なる私の考えですが、土曜日の語り合いは安息日と何らかの関係があるのではないか、という気がします。というのも、ユダヤ教や一部のキリスト教では「土曜日」が安息日であるとされていて、ロシアで主流派となっている正教会でも土曜日が安息日。そういうわけで、この歌の主人公は安息日に仕事を休んで故人や神やキリストについてしみじみと語りあう敬虔なキリシタンだった、と考えられなくもないわけです。
 歌って難しい。
EDIT  |  22:54  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

昔の歌って、今考えると不思議だし、間違って覚えたりしてますよね。1週間も気長な歌だなあと思ってましたし。
赤い靴にいたっては「ひいじいさんに連れられて」行っちゃったと思ってました。
koyuky |  2013.01.11(Fri) 23:45 |  URL |  【コメント編集】

Re: koyukyさん

「ひいじいさん」だと思われていた方もいるみたいですね。私の知り合いは「いい爺さん」だと思っていたそうです。
「異人」なんて言葉、やっぱり知らないですよねー(笑)
タム |  2013.01.14(Mon) 17:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。