03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2012.11.30 (Fri)

無意識下で焦る

 変な夢を見ました。

 ある中華料理店、美味しそうなランチの紹介をしています。あら、会社の近くじゃないの、と私。それなら今日のランチはこの中華料理店でいただこうと心に決めて電車に乗りました。いつもの時間、いつもの電車です。
 やがて電車は東京駅に到着。正直、この時点で何やら「もやっと感」を感じてはいたのです。本当ですよ。しかし、その「もやっと感」の正体はわからないまま、というよりも深く考えないまま、いつもの駅でいつもの通り改札を出ました。すると、後ろから来た同僚が大急ぎで走り去っていくではありませんか。彼、いつもは私より
3本後の電車に乗っていて、その電車、数分でも遅れると遅刻必至のギリギリ電車なのです。そんな彼が慌てて走り去っていく。
「おや?」
 と思いますよね、当然。
 もちろん、私もそう思いました。思ったので確認のために電光掲示板横の時計を見上げました。時刻は
1130分となっています。遅刻だ、なんてもちろん私は考えません。いえ、少しは考えたかもしれませんが、次に私が思ったのは「時間だ」ということ。そしてなぜか会社に向かわずに、例の中華料理店に向かいました。
 すでに街並みは東京丸の内のものではなく半蔵門。そして私自身はそこが半蔵門だということに特段の違和感を感じていないのです。しかも、件の中華料理店は現実世界では「シェ・ルイ」というパン屋がある場所にあるのです。今にして思うと、その外観は根岸にある「百里香」という中華料理店にそっくりでした。このあたりから、薄々とこれが夢であることに自分自身も気付きつつあったのですが、そんなことにお構いなく話は進行していきます。
 店内、客はまばらで閑散としていました。内装は中華料理店というより下町の洋食屋さんという趣。カウンター越しのキッチンに女将さんが一人いて、何やら忙しそう。壁に張り出された一枚のくすんだ紙切れに、拙い手書き文字でメニューが
4つばかり書きだされています。いずれも、「メイン料理+コロッケ」というラインナップ。残念ながら4種類のメニューは何と書いてあったか忘れてしまいましたが、私は深く吟味することなく一番上に書かれていた料理を注文し、「すぐに戻りますから」と言い残して店を出ました。会社に向かいます。
 会社そのものも、丸の内ではなく半蔵門にありました。正確に言うと、丸の内に移転する前、半蔵門にオフィスがあったころの状態だったのです。ただ、フロアは半蔵門のものでしたが、机のレイアウトは丸の内のもの。したがって、パソコンを起動してタイムカードを押すという丸の内で新しく始まった運用は夢の中でも有効で、私は毎朝そうしているようにパソコンを起動して、出社時刻を記録し、なぜかここで「セーフ」とほっと胸を撫で下ろし(いえ、どう考えても大遅刻なのですが)……たところで、急に後ろにいる上司が本当に怒った顔で「は? 何やってんの?」と。
 心がさざめきましたとも。そりゃあもう恐ろしいほどに。
 この心のそわそわで、夢の外で自身が寝返りをうつ感触を覚えるようになり、意識の半分が覚醒している状態。「起きなければ」という強迫観念と、「至急続きを終わらせなければ」というへんてこりんな強迫観念が輻輳して、夢の中の私は焦る心を抱えて中華料理店へ。
 店内は相変わらず閑散としていました。椅子に座るなり女将さんが出してきたのは、デミグラスソースのたっぷりかかったオムライス。もはやどこが中華料理店なんだ、コロッケはどこに行ったんだ、ということを私は考えません。ただ、思いました。「あ、昨日とメニューがかぶった」
 と。そしてそう思った瞬間に自分、なぜか覚醒しました。がばっと起き上がって時計を見ると、時刻はなんと
64分。20分も寝坊しています。目覚まし時計はセットされていないし、予備のアラームが鳴るはずの携帯電話は電源切れの状態でした。

 ……滅多に夢なんて見ないのに、これまた妙な夢を見たものです。それにしても危なかった。なんとか遅刻はせずに会社に行かれましたが、遅刻しそうだということを私の潜在意識が敏感に感じ取ってこんな夢を見てしまったのでしょうか。不思議なこともあるものです。
 ちなみに私、前日のお昼は本当にオムライスを食べたのですよ。ただし、トマトソースでしたがね。
EDIT  |  22:15  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

夢の中で夢を見る

私は、寝る前に起こったこととか思っていることが、そのまま夢に反映(?)されてしまうので、怖い映画とかを見た夜は、大抵うなされます 笑
あと、“遅刻してはいけない”と思って寝ると、大抵遅刻する夢を見るんですよ。「遅刻する夢を見て、ハッと目が覚める」という夢。
タムさんと同じように、これは夢だという気持ちもあるのに、目が覚めず、本当に目が覚めても、これって現実?と思うので、朝から、イヤな気分というか、なんとも言えない気分になります。

ひよこまま2 |  2012.12.06(Thu) 01:05 |  URL |  【コメント編集】

Re: ひよこまま2さん

そのまま夢に反映されてしまうというのはすごいですね・・・。
私、怖い映画とか苦手なんですよ。それが夢に出てきたら泣いちゃいます!

夢か現実か、微妙なまま目覚めた時の嫌な気分、わかります。ありますよね。
夢と現実ははっきりしているのが、やっぱりいいです。
タム |  2012.12.06(Thu) 21:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。