05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2012.11.04 (Sun)

気ままにアートめぐり

 たまには文化的なことをしようと思って、今日は美術館へ行ってきました。東京は八重洲、ブリジストン美術館で開催中のコレクション展『気ままにアートめぐり』。印象派から戦後の抽象芸術に至るまでの芸術の発展をその時代ごとに切り取った展示会で、なかなかの見ごたえ。と言っても芸術を語る舌を私が持ち合わせているわけもなく、ただただ茫然と作品を眺めてうんうんと頷いてきただけ、ですが。
 展示品はそれぞれ個性があって百貨騒乱の趣でした。その中で、岡鹿之助は私のストライクゾーンでしたね。こういう柔らかい線のじんわりと暖かみを想起させる作品が私の好みです。けれども、今回の展示品で圧巻だったのは白髪一雄の『観音普陀落浄土』。真っ赤なキャンバスに、青や白の絵具を大胆に流して描いた滝。現代美術の抽象性は私の理解の外側にありますが、この作品の持つ力強さは、そんな私の心にも響いてきましたよ。素晴らしかった。
 またいつか、会いに行きたいです。
EDIT  |  22:06  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

オムニバス的な美術展、最近いいな〜と思うようになりました。
作家による作風の違いなどよく分かって
自分の好みが見えてきたりしますよね!
chaosy |  2012.11.04(Sun) 22:23 |  URL |  【コメント編集】

Re: chaosyさん

同じ作者だけ、とか、似たような作風だけ、を集めた美術展もいいのですが、「何でもアリ」というのもそれはそれで楽しいものですね。
ほんと、美術には好みがありますね。
ブリジストン美術館、人でごみごみしていないので、作品をじっくり見るにはおススメですよ。
タム |  2012.11.11(Sun) 17:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。