03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2012.09.23 (Sun)

夏を越した宿題

 まだまだ夏を引きずっていて寝るときは半袖短パンなのですが、昨日は流石に寒かった。寒くなるだろうと予想して、一枚厚手の掛け布団も用意したし、いつもは全開にしたままの窓も閉めて寝た。なのに寒かったです。
 けれども朝、目を覚まして空気の入れ替えに窓を開けようとしたら、足元の窓は閉まっていたけど枕元の窓は全開という状態……。どうにも片手落ちの自分です。
 しかし、雨音の心地いい朝ですね。
 そろそろコートを出しておかないといけない、と思いつつ、気の重い作業が、夏の間中ずっと放置してきた作業を思い出して、実は気が滅入っています。それは、ボタン付け。春秋用のコートのボタンなのですが、春が終わってクリーニングに出そうと思ってちゃんと畳んで(ここ大事)床(といっても部屋の片隅で普通は踏みこまない場所)の上に置いておいたら、寝ぼけた母親に見事に踏まれて割れてしまったのですよ。しかも、予備のボタンがあったはずなのに見当たらないし。(未だに見つからないし)。とはいえ贅沢な作りのコートなので(値段も自分の給料水準からすると高価だった)、見えない場所に隠しボタンがありまして、そいつを引っぺがして付け替えようと画策はしているものの、どうにも面倒で……。
 思えば、「家庭科」なる教科が昔から苦手で、成績も一番悪かった覚えがあります。裁縫とか、なんでしょうね? 針に糸は通らないし、一定間隔で縫えないし。ミシンはミシンで、下糸が強くなりすぎたり弱すぎたりでしたし。包丁握ったら食材切らずに指切りましたしね。
 とりあえず、女性らしい仕事は大嫌いです。
 でも、このボタンだけは付け替えねば着られませぬ。
 しかし、問題は糸さえないという現実。白糸と黒糸なら常備してあるのですが、問題のコートは茶系なので流石にこれで縫うと浮いちゃいます。糸、これがまた面倒で、ホビーショップが近所にないのですわい。ああ、面倒!
 なーんてぐずぐずしているうちに今度は冬になってしまうんじゃ……? そんなことを思う秋の長雨です。
EDIT  |  12:17  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。