09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2012.07.08 (Sun)

トリスタンとイゾルデ

 周(西周)の褒姒は、笑わない王妃。そんな彼女を笑わせようとしたことで周の国は滅んでしまった。中国にはそんな逸話があります。
 経国の美女。国の盛衰の影にはそんな風に男をダメにする女性がいたりします。
 久しぶりの映画鑑賞に『トリスタンとイゾルデ』を観ました。コーンウェルのマーク王に仕える騎士トリスタンと王妃イゾルデとの禁断の愛を描いた古典作品の映画化です。トリスタン役はジェームズ・フランコ。
 瀕死の重傷を負ったトリスタン。それを助けたアイルランド王女イゾルデ。ふたりは互いに惹かれあいながらも、運命の悪戯でイゾルデはマーク王と結婚してしまう。忠義と愛の間で葛藤するトリスタンの姿はかなりの見物でした。
 マーク王に隠れて忍び会うふたりでしたが、やがてその事実が露見し、コーンウェルはアイルランドに攻められます。その戦いの中でトリスタンは城の窮地を救い、命を落としてしまいました。
 イゾルデの存在がなければ、トリスタンはマーク王を裏切ることもなく、そしてコーンウェルは窮地に陥ることもなかったかもしれません。トリスタン自身がこのような形で身を滅ぼすこともなかったでしょう。そういう意味で、イゾルデもまた経国の美女だったのだと思わされる作品でした。
 内容はなかなか良かったです。先に述べたトリスタンの苦悩もそうですが、城攻めのシーンではこの手の映画にありがちの過度に派手すぎる演出もなかったですし。
 そして、作品の冒頭に登場したトリスタンの父親の声が低くて渋くて、好き! まあ、ちょっと話のつながりに無理があったり、濡れ場が多すぎるとは思いましたけどね。
 面白かったです。
EDIT  |  17:19  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。