05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2011.08.01 (Mon)

今日の名を持つ果実

 毎年のように、この日が来ると「今日は(さく)の日だ」と何とはなく思ってしまいます。
 朔、とは本来新月のことを言います。かつて新月に始まる太陰歴を使用していた頃、それは月の第1日目のことでした。
 もしかしたら、太陽暦を使う場合には「朔」なんて言葉は使ってはならないのかもしれません。けれども、時代物の小説では敢えて某月(ついたち)と書いている例もありますから、たぶん知っていて損はない言葉だと思います。
 そして、八月一日の今日もまた朔の日、それも特別な日のようで、特に「八朔」と書いてその日を表すこともできるそうです。八朔……そんな果実がありますね。八月一日という名を持つのに、その旬は冬から初春。どうにもこの果実の由来は謎です。
 実はこの八朔で思い出す歌があります。「……八朔、桃、枇杷。好きな果物、バスケットに詰め込んで……」という行を持つ歌です。前後は全く覚えていないのですが、不思議と八朔だけは鮮明に覚えています。私にとってこの果実は馴染みのないものなので、それで余計に記憶に残ったのかもしれません。
 八月が来て、八朔を思い出し、そして昔聞いた歌を思い出す。
 私の八月一日は、毎年このように過ぎていきます。
EDIT  |  22:23  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

Comment

歌は知りませんでしたが 八朔は よく食べました。
甘みは少ないけれど さっぱりして美味しいです。
なにより 手が果汁まみれにならず きれいに剥けます。
なので 剥いてお弁当に持っていったりしてました。

少し前 広島の八朔を送って頂いたことがあります。
いつも食べていた八朔以上に美味しくて感動でした。


朔・・・ツイタチ ひとつまた 学びました。。。*
8月1日・・・ 毎年 思いだしそうです。 
alice* |  2011.08.03(Wed) 09:50 |  URL |  【コメント編集】

う~~ん。むずかすぃ~~!
sniper |  2011.08.05(Fri) 09:40 |  URL |  【コメント編集】

どっ、とコメントをありがとうございます。笑
ひとつひとつレスを書くのが大好きですw

タムさんのツイッター毎回ちゃんと見ています!☆
同時通訳すごすぎると拝見しています。多才ですね。

八朔・・・!
これは良いお話を聞きました。語源や古い言葉ってなんだかじんわりくる深い良さがあっていいですよね。

・・・あと、下の記事ですが、私も先々月にカードの限度額に初めて達して超あせりました。笑
何が起こったか理解できずひたすら空をみつめてました・・。
rana |  2011.08.06(Sat) 13:47 |  URL |  【コメント編集】

alice*さん

alice*さんのブログに八朔ジャムの記事があったのを覚えています。
八朔、身近にないので食べたことはないのですが、言葉の響きが気に入っていて、いつかは食べたいオレンジです。

あ、ちなみに「朔」の反対は「望(ぼう)」です。
  此の世をば我が世とぞ思ふ望月(もちづき)の欠けたる事も無しと思へば
なーんて、藤原道長が詠っていましたよね!
タム |  2011.08.08(Mon) 09:42 |  URL |  【コメント編集】

sniperさん

わーすみません。ほんと纏まりのない文章を書いたと思います。
最近、ネタ切れで困ったものです・・・。
タム |  2011.08.08(Mon) 09:43 |  URL |  【コメント編集】

ranaさん

いやー、すいません。ずいぶんご無沙汰してしまったので、ranaさんのブログの最新記事になかなか追いつけません。がんばって追いつきます!!
これからもどっとコメントを書くと思いますが、疎まずお付き合いください。

ツイッターご愛読ありがとうございます!!
諸事情で、ツイッターと連携しているサイトで外人の知り合いがおりまして、頑張って英語でも呟いています。
ただ・・・私の英語は正しくないので、ネイティブの人には通じても、多分、日本人には通じないと思います。
(外人がしゃべるカタコトの日本が私たちに理解できるのと同じです)
なので、英語はあまり気にしないでくださいな(汗)

カードは危険ですよね(笑)
昔カード会社に勤めていたのでその危険性は重々承知しているはずなのですが、ツイツイ使いすぎてあせります。
ま、先月あれだけ散在したのに、今月も散在癖が抜けない私は・・・お小遣いが早ピンチを迎えつつあります(汗)


ちなみに、お祝いとしての八朔。後学のために国語辞典(大辞泉)から引用しておきます。
「陰暦の八月朔日(ついたち)のこと。また、その日に行われる行事。農家ではその年の新穀を日ごろ世話になっている人に贈って祝った。町家でもこの風を受けて互いに贈り物をし、祝賀の意を表した。また、徳川家康がこの日江戸城入りをしたところから、武家の祝日となり、大名・旗本などが白帷子(しろかたびら)で登城し、将軍家に祝辞を述べた。また、江戸吉原では、遊女たちが白無垢(しろむく)の小袖を着て祝った。」
とのことです。
タム |  2011.08.08(Mon) 09:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。