07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2011.03.21 (Mon)

雨が降ったら

 三連休の最後は雨の月曜日となりました。
 気分がどうも天気に左右されるので、はい、今私はとても憂鬱です。
 灰色の空、一定のリズムを保つ雨足、ひんやりと冷えた空気、そして節電中につき薄暗い室内。明日はまた仕事。仕事行きたくないな……と、ここでまた憂鬱になります。
 とはいえ、今でこそ大嫌いな雨は、子供の頃はそれほど嫌いじゃなかったかな、と「あめふり」の歌を思い出しつつ考えております。
 雨が降ったらピッチャンチャン、雨が降ったらポンポロロン、と歌いながら帰る『おじさんのかさ』のように、雨降りの日はいつもとちょっと違う、ちょっとわくわくな日だったかもしれません。雪の日のように特別な日ではないけれど、広げた傘にパラパラと落ちる雨粒の音、雨樋を伝ってチョロチョロと落ちる屋根の水、時折電線に溜まった大粒の滴がボタッと道路に落ちたりして、晴れた日には聞かない不思議な音がいっぱいの一日。
 子供の頃好きだったものが、大人になって嫌いになるなんて悲しいですね。
 でも、雨や風が強ければ電車が動くかな、仕事に行けるかな、濡れた服で得意先に行くのは困るな、とか、諸々心配しなければいけないのが大人ってものです。人は、そうして雨を心配するようになり、社会に溶け込んでいくのでしょう。
 雨の日が特別な楽しい日、そんな贅沢は子供の所有する素敵な特権です。
EDIT  |  11:36  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。