07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2010.03.27 (Sat)

悠久の時

 城好きな人もいるが、私はそれほど城が好きと言うものでもなく、そのくせ近くに城址があると聞くと、謂われも知らないくせに見ては見たくなる。高知にいた3日間、ふたつの城に巡り合った。
 一つが、高知城。
 そして、一つが中村(為松)城址。模擬天守があるけど、もはや完全な城跡のみ。訪ねた当時は何の知識もなかったが、その後NHKの大河ドラマ『功名が辻』を見て一豊の弟が治めた場所だと気付き、ついでと調べた結果、もっと古く謂れの深い土地であると知った。歴史的には高知城よりも断然古いのだ。しかし当時はこのような知識はゼロで訪ねたので、あまりよく見てこなかった。惜しいことをした。
 高知城は言わずもがな、山内一豊に始まる土佐藩の居城だ。寛延元(1748)年に再建された天守閣の姿は美しく、特に訪ねた当時天気もずば抜けて良かったので感激も一入だった。しかし、経緯は覚えていないが天守閣どころか本丸にさえ入らず、写真を一枚撮って大満足してホテルに向かった。次に高知に行くことがあれば、中に入って心ゆくまで堪能したいものだと思う。
 考えてみれば、最近は天守閣の中にまで入って楽しむということをしていない。
 熊本城も外側をぐるりと車で走って満足してしまったし、長野の松本城もお金を払って中に入った割には国宝の天守閣に登らなかった。比較的頻繁に遊びに行く福島の鶴ヶ城でさえ、昔は天守閣の中に入ったけど最近は見て終わり。そんなことよりも城郭のまわりをのんびり散策する方が今の私には向いているといえる。
 最後に訪ねた青森の弘前城は天守閣の中には入ったものの、それよりも広大な公園を散策する方が楽しかった。津軽富士を借景に、眺めも素晴らしい。城、イコール天守閣でもないし、日本式の庭園を歩き、悠久の時を感じて過ごす瞬間が一番好きだ。
 歴史に詳しいわけでは決してないけれども、歴史を感じてその中に身を置いている時というのは、私、日本人で本当によかったな、などと柄にもなく思ってしまう。高知城でもそういう楽しみ方をしてくればよかったのだが、まだまだ当時の私は若かった。
 次があればのんびりと散策しがてら、一豊と千代の偉業に敬意を表して来ようと思っている。
EDIT  |  11:34  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

Comment

お城

 タムさんは、いろいろなお城に行っているんですね。
 私が行ったことがあるのは、江戸城、小田原城、熊本城、岐阜城、大多喜城くらいです。
 ウィキペディアの「日本の城一覧」を見ると、日本には沢山の城があったんですね。
 驚いたのは、なんと我が家の近くにもお城があったことです。
 今住んでいる場所が、5世紀の埴輪製作祉であることは知っていましたが、近くにお城があったなんて知りませんでした.。ooO(゜ペ/)/ひゃ
 今までで一番印象に残っているのは、岐阜城です。
 ここに織田信長がいたのかと思うと、感無量でした。 
myth |  2010.03.31(Wed) 21:40 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。