03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2010.01.16 (Sat)

それでもめげない

 大学を卒業して以来初めて、学生時代に講義で取りあげられた「ADR」という単語を耳にした。「ADR」とは「裁判外紛争解決手続」のことで、裁判所を介さずに行われる私的な法解決のこと。要するに何か法的な解決を必要としていてもお金や時間をかけられないような場合に、裁判所以外の第三者を通じて勘弁な解決を図ろうとする手段のことをいって、消費者トラブルなどでは国民生活センターが第三者機関として機能している。今回耳にしたのは「ADR」は「ADR」でも「事業再生ADR」で企業債務の私的整理。私が数年前まで勤めていた会社がこの「事業再生ADR」を申請したということで新聞に掲載され、改めて現在の不況をしみじみと思った。
 信販会社に勤めていた。クレジットカードの物販の分野で躍進しようともがきつつ、実際のところはカードに付帯した融資枠で利益を得ているような会社だった。それでも当時はテレビCMでもひっきりなしに融資のCMが流れていたりして個人ローン自体流行っていたので、収益もトントンというところ。そういう中で「過払い金返還」ブームが始まり会社の業績は右肩下がり、リーマン・ショックを引き金に「事業再生ADR」の申請という結論に至ったのだろう。
 思えば、私が最後に携わった案件のひとつが過払い金返還請求を受けた債権を管理するシステムの構築だった。営業的に躍進していくための投資ではなく、儲からない仕組みを作るための投資という皮肉な状態で、この先大丈夫なのかな、ということを心の片隅に押し込めて退職したのを覚えている。まあ、平社員の私が心配することではないけれど。
 そんな形で、以前の同僚から来る新年の挨拶は「退職しました」から「退職まであと幾日です」に加え、「留まることになりました」という不思議な挨拶ばかり。それでもみんな、愚痴は言ってもめげていないところが「らしい」ところで逞しいと思う。あの会社の社風というよりは、私たちの世代は比較的楽観的なのだろうと思う。
 新卒の採用面接の時代だって就職氷河期だったから、何十社と面接に行っても内定なんてほとんどもらえなかったし。今の不況があの当時より深刻だとしても、「次がある」精神でやっていればそのうち「何とかなる」のだろうと信じられる。
 何年も経って振り返ってみれば、「あの時あの経験がなかったら」ときっと思えるはずだ。そして、そう思えるように「今」を頑張ろう。新年の挨拶は、そう互いに励まし合って締めくくった。
EDIT  |  10:13  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

こんにちは

ホントに大変です。
私も明日から短期のお仕事入りますが一ヶ月の試用期間で解雇もあるかもだし、大変です。

それからいろいろアドバイス感謝です。
でも、デザイナーの妹は“焼き切れ”ちゃって二年未満でパソはお陀仏してるそうで、私のは、昨年から実はタムさんのブログパソサイトで入るとなぜかフリーズしちゃうので、携帯閲覧が増えてます。
なんらかの異常で立ち上がりもうまくいかず、工具を使って直してくれたはずがまた異常…(T_T)

辛いとこです。
明日から忙しくなるのでまた暫く携帯閲覧になりますが、頑張ってくださいね!
(∂∇∂) |  2010.01.17(Sun) 17:17 |  URL |  【コメント編集】

ぅぉぉぉ、めっちゃ難しぃお話でしたw(笑)
でも、辛い経験って、いつかは良い経験や思い出になるものですよねっ☆★
新年からとっても前向きな感じで、すごくステキですぅっ(≧∀≦)
まりまり |  2010.01.18(Mon) 02:19 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。