08月≪ 2012年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2012.09.09 (Sun)

伝統的に風変わりな名前

 近頃雨模様の天気が続いていて、ようやく季節も秋の長雨か、なんて感じていたのですが、今日は晴れていてとても蒸し暑いですね。日陰の室内で扇風機を回していますが、ほどなくとろけそうな予感がします……。
 さて、近頃話題の「
DQNネーム」。単語は随分前からよく目にしていたのですが、それが「ドキュンネーム」の略だということを最近になって私は知りました。まあ、興味もなかったので……。これは「光宙」と書いて「ピカチュウ」と読ませるような、見て騒然聞いてびっくりの難読ネームのことだそうで、人によっては「キラキラネーム」と言ったりもするそうです。
 我々の世代の感覚からすると、そんな名前で呼ばれる子供が不憫に思われてしまうのですが、当の子供たちからするとどうなのでしょうか。そんな風変わりな名前が当たり前なら案外気にならないのかしら、なんてことを思ったりもします。というのも、私の世代の名前も、特に女性の名前は、その上の世代の方にしてみれば違和感のある名前だそうで、「近頃の女性の名前は、色町で飛び交う源氏名のような名前が多くて困る」というような事を書いたエッセイを、私は読んだことがあります。中学生の頃でしたか。
 でも確かにそうなのです。私たちの世代の名前は、父母世代の名前とはまた違った名前で、祖父母の世代の名前だともう掠るか掠らないかの微妙なライン。そういう感覚からすると子供の名前に違和感を覚えるのは、もしかして日本人の宿命なのかもしれません。
 それに、翻って昔を偲べば、犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)とか藤原不比等(ふじわらのふひと)とか、今の時代にそんな名前があったら変ですよね。
 だから、名前も時代とともに進化するものだ、と割り切ってしまえば、
DQNネームも許せてくるのではないでしょうか。
 この先どんなびっくりネームが飛び出すか、楽しめれば勝ちってもんです。
スポンサーサイト
EDIT  |  11:11  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.09.16 (Sun)

趣味:写真?

 昔は、趣味を聞かれると困ってしまったものでした。というのも、私は趣味らしい趣味を持っていなかったものですから、これこれです、と胸を張って言えなかったのですよね。確かに昔から読書も映画鑑賞も好きだったのですが、これらはなんどなく「趣味」と言えないような気もしましたし。
 そんな自分がカメラを購入したのが、五年前になりますか。
 これが結構面白くて、それ以来趣味を聞かれると「写真」と答えるように。それでも、突き詰めると私の腕はど素人の域を超えないので、これを趣味と言うのは、本当に写真を趣味としている方々に対して申し訳ないような気持ちにはなるのですが。
 それでもここ最近、まったく写真を撮らなくなってしまいました。もはや、「趣味、たぶん写真」の状態。これは、いけないんじゃないかしら? なんて柄にもなく危機感を抱きまして、昨日は久しぶりにカメラを充電して出かけてきました。場所は「船橋県民の森」という県が管理する森林公園です。単に、家からいちばん近いというだけの理由で選択。
 でも結局、写真撮影というよりはただのヘトヘトウォーキングになってしまいました。

 船橋県民の森には、小学生の頃の春の遠足で一度行ったことがあります。しかも、片道
5.3キロの距離を徒歩で。さらには、アスレチックでさんざん遊んだ後に、また同じ距離を歩いて小学校まで。そこから2キロメートルほど離れた自宅にも歩いて帰宅。そんな記憶が過信になってしまったのでしょうね。
 ここへ行くための最寄り駅は新京成電鉄の三咲駅で、バスもあるのですが、歩いても
3.8キロの距離。歩けると錯覚したのが最初の間違い。まあ、辿りつかない辿りつかない。バス停を見つける度に名前を確認して、目的地まであと何個バス停があるのかを見てげんなりして。汗だくになってようやくたどり着きましたが、それだけですでに40分のウォーキング。
 次の誤算は森の広さ。縦断しただけでも1キロくらいあるんです。それを、森の中がひっそりとひんやりとしていて気持ちいいから、というだけでついついグルグルと歩きまわってしまいまして、気が付いたら……足が痛い!
 帰りは流石にバスを使いましたが、10キロ超歩きまわる結果になりました。
 でもって、肝心の写真ですが、どこもかしこも同じような光景なので、撮るほどでもない。いや、疲れ果てて感性が働かなかったのか、もう私の感性が死んでしまっているという可能性もあります。
 趣味は写真。私、もうそんなことを言ってはいけないのかも……。
EDIT  |  19:19  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.09.22 (Sat)

秋よ、ようこそ。

 お食事中の方、または「あの虫」が苦手な方、ここの段落は読まないでください。
 今朝は変な夢を見て目が覚めました。世界の料理を紹介するテレビ番組を視聴するという内容の夢で、場所はとある加工工場、これからハンバーグを作るというのです。ヒジャブを纏った恰幅のいいお姉さんが機械の説明をしています。どうやら、上の機械で肉をミンチにして、下の機械で肉を捏ねる模様。一通り説明が終わって、お姉さんが機械のスイッチを入れました。
 と、肉がミンチの機械に向かってむにゅうっと出てきます。でもその肉、燻製後のソーセージや焼かれたハンバーグで既に加工済み。それらが再び粉々にされて下の機械に落とされていきます。けれどもここまでの工程は、まだ良しとしましょう。問題はそれからです。
 肉をこねているその場所に、『ハムナプトラ』で虫が集まってくるように、奴らがわさわさっと集まってくる。一緒に捏ねられていく。テレビを見ていた私と父の二人は「うわーっ!」と呻く。呻いたところで目が覚めました。
 一体全体、私の心裡状態はどうなっていたというのでしょうか。いえ、それ以前に、やっぱり、あれごと食べるのでしょうか?
 そんな土曜日でございます。


 さて、金曜日に雨が降って、今日もほんのちょっとの晴れ間と曇り空。気温が一気に下がって涼しい一日となりました。せっかく買った秋物の服がまだ着れない、なんて木曜日までは嘆いていた私も、慌てて長袖のシャツをひっぱり出して着ています。(でも実は春物のシャツだったりしてますが)
 暑さ寒さも彼岸まで、というのは本当ですね。
 夏の虫はまだ鳴いていますが、それももはや侘しげ。秋の虫は盛りとばかりに鳴き誇っていますね。散歩中、ひときわ大きな鳴き声が聞こえたので振り返ったら、白い壁に一匹のコオロギが張り付いて一生懸命に鳴いていましたよ。
 そして、来週は中秋の名月です。
 晴れるかな?
EDIT  |  18:51  |  TB(1)  |  CM(2)  |  Top↑

2012.09.23 (Sun)

夏を越した宿題

 まだまだ夏を引きずっていて寝るときは半袖短パンなのですが、昨日は流石に寒かった。寒くなるだろうと予想して、一枚厚手の掛け布団も用意したし、いつもは全開にしたままの窓も閉めて寝た。なのに寒かったです。
 けれども朝、目を覚まして空気の入れ替えに窓を開けようとしたら、足元の窓は閉まっていたけど枕元の窓は全開という状態……。どうにも片手落ちの自分です。
 しかし、雨音の心地いい朝ですね。
 そろそろコートを出しておかないといけない、と思いつつ、気の重い作業が、夏の間中ずっと放置してきた作業を思い出して、実は気が滅入っています。それは、ボタン付け。春秋用のコートのボタンなのですが、春が終わってクリーニングに出そうと思ってちゃんと畳んで(ここ大事)床(といっても部屋の片隅で普通は踏みこまない場所)の上に置いておいたら、寝ぼけた母親に見事に踏まれて割れてしまったのですよ。しかも、予備のボタンがあったはずなのに見当たらないし。(未だに見つからないし)。とはいえ贅沢な作りのコートなので(値段も自分の給料水準からすると高価だった)、見えない場所に隠しボタンがありまして、そいつを引っぺがして付け替えようと画策はしているものの、どうにも面倒で……。
 思えば、「家庭科」なる教科が昔から苦手で、成績も一番悪かった覚えがあります。裁縫とか、なんでしょうね? 針に糸は通らないし、一定間隔で縫えないし。ミシンはミシンで、下糸が強くなりすぎたり弱すぎたりでしたし。包丁握ったら食材切らずに指切りましたしね。
 とりあえず、女性らしい仕事は大嫌いです。
 でも、このボタンだけは付け替えねば着られませぬ。
 しかし、問題は糸さえないという現実。白糸と黒糸なら常備してあるのですが、問題のコートは茶系なので流石にこれで縫うと浮いちゃいます。糸、これがまた面倒で、ホビーショップが近所にないのですわい。ああ、面倒!
 なーんてぐずぐずしているうちに今度は冬になってしまうんじゃ……? そんなことを思う秋の長雨です。
EDIT  |  12:17  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。