07月≪ 2012年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2012.08.19 (Sun)

すぐそこの秋

 またしても間を開けてしまいました。その間に実は『プリンセス・トヨトミ』と『探偵コナン~天空の難破船~』を観ました。『トヨトミ』はコンセプトは面白かったのですが、どちらかというと文字で表現された方が向いていそうな作品。『コナン』は随分と久しぶりに観ましたが、相変わらず面白いですね。
 そして、そんな間にも季節は移ろって気付けば秋、
7日に立秋を迎えました。もちろん、まだまだ暑苦しい日が続くのですが、夕刻に吹く風、早朝の気温の低さ、あちらこちらに「秋」を感じる瞬間が増えてきています。先日、久しぶりに早く家に帰れた夕方には、ヒグラシがひときわ甲高い声で鳴き、それを追いかけるようにカラスが鳴いていました。夕方のヒグラシとカラスは侘しさを掻き立て、その「侘しさ」は「秋」と親和性が高い。
 秋はすぐそこにいるのですね。
 そういえばこの時期、真夜中の蝉時雨に目が覚めることが度々あります。それまで本当に静かな夜だったのに、突然ワーッと一斉に鳴きだし、一瞬で鳴きやむ蝉。そして、その静寂のそばでひっそりと聞こえる、明らかに夏のものではない虫の音。
 秋はすぐそこにいるのです。
スポンサーサイト
EDIT  |  17:04  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2012.08.26 (Sun)

謎なラクトアイス、クーリッシュ

 これはある人が総武線の車内で実際に見聞した話です。
 うら若き乙女二人が、その人の目の前にいたそうです。話を聞いていると、どうやら韓国帰りの模様。そして、贅沢にもロッテホテルに宿泊したのでしょうか、こんなことを言っていたそうです。「ロッテってやばいね、ホテルまで経営して、韓国でも有名なんだね!」「うん、韓国にもロッテがあるなんて思わなかったよね」
 ロッテの創業者は韓国出身で、その出身国でも頑張っているのがロッテという会社なのですが、意外とその事実を知らない人は多いです。私の知人も、なのでそのあたりのことは聞き流していたそうなのですが、その後電車は錦糸町駅へ。ご存じな方もいるかと思いますが、錦糸町には駅からよく見える位置にロッテシティホテルが建っています。それを見た件の乙女たちは、「わあ、あのロッテ何?」「あれ、きっと本社だよ」「本社、意外と田舎にあるね」「だね」「お金ないのかな?」と大声で騒いでいたそうで、無知であることはともかく、その騒ぎように他人事ながら我が知己は大変恥ずかしい思いをしたのだそうです。ロッテの本社がどこにあるかは商品を見ればわかるとして、他人が聞き耳を手ている電車の会話は意外とその教養をばら撒いているものだ、と、つくづく感じさせられます。
 そんなロッテ、去年から私を虜にしている商品がクーリッシュのベルギーチョコレート。文句なく、美味しいのです。チョコレートの濃厚さと、クーリッシュならではの手軽さとが相まって、すっかりと手放せない商品になってしまいました。でもこのクーリッシュ、なかなか一筋縄ではいかない謎な商品でしてね。まず、今日初めて気づいたのですが、パッケージの表に記載してある「カカオ分の
56%がベルギー産のチョコレート由来です。」の文字。これを見ると、それなら44%はどこ由来なのか、と思わず気になってしまいます。で、ついつい裏を見ます。ああ、すみませんねぇ、初めて裏を見ましたよ。なので、「この部分をもってお開けください。」の注意書きを私は今回初めて見つけました。
 これは、表に書いておかなきゃダメでしょうロッテさん! 今まで普通に真ん中持って開けてましたよ。……って、問題はそこではなくて、チョコレート。どうやらチョコレートは
100%ベルギー産の模様。一瞬「?」です。しかし、よく見るとその横に「ココア」の文字。
 このココアは何者なのですかロッテさん! と二度目の突っ込み。そして、三度目がこれ、「手でもんで、にぎれるやわらかさが食べごろです。」の文字。
 言っている意味がまるでわかりませんよロッテさん!
 経験則上、握った時に少し凹むくらいの柔らかさが、チューブからアイスが程良く出てきて食べやすいのはわかってはいるのですがね。「手でもんで、にぎれるやわらかさ」って非常に謎です。
 嗚呼、愛すべき商品、ロッテのクーリッシュ! 今日も美味しくいただきました。
EDIT  |  17:22  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。