01月≪ 2010年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2010.02.06 (Sat)

信仰の近い街

 岡山に向かう道中のこと。
 東海道新幹線を使うのは久しぶりだった。大学4年の春、京都でとある会社の最終面接があったので使ったのが最後。けれどもあの当時は内定がなかなかもらえなくて気分も落ち込み気味。とてもではないけれども京都見物をする余裕はなく千葉に戻った。
 そういえば、京都に降り立って京都を観光したのは中学校と高校の修学旅行だけだったな。しかも中学生の私も高校生の私も、「古いもの」に大して価値を感じない年頃だったので、京都を観光してもただ「見ただけ」。本当の意味で京都の良さに触れ、歴史を感じたわけではない。27歳になった今、伝統に対してひとつの畏敬を感じられるようになった今、再び京都を訪れればきっと昔とは違う「何か」に出会える気がするものの、この頃出不精な私は思いたっても吉日とはいかない日々。
 だから、京都駅から五重塔が見えるということも知らず、街並みの中にひょっこりと顔を出している五重塔が窓の外に映った時は、一瞬心がざわつくほど感激を覚えてじっと目を凝らしたのを思い出す。
 徳川家光が寄進したという東寺の五重塔は、京都そのものを象徴するかのように威厳をもって屋根の上にせり立っている。
 寺社に囲まれる京都は信仰の近さを感じることのできる街でもある。私の生まれ育った土地とは大違い。
 これほどたくさんの寺社に囲まれ、神サマや仏サマに見守られている街はないのではないかなと思う。それは、多くの人々が事に当たって願い祈ってきた歴史の足跡でもあるわけだ。
 先日、2年ぶりに会った高校時代の友人と語り合い、27歳は何に付けても中途半端な年代だなんて話を聞いた。確かにそう思う。若くもなく成熟したわけでもない27歳。10代の私は、27歳はもっと大人で立派な年代だと勝手に思っていたけれど、実際の27歳はそう大人でもない。けれども、きっと今の私が30代に憧れるような30代に私自身はならないのではないかと思う。
 いつの時代もいつの年代でも成長しきれない自分と向き合って悩んで生きている。そういう時、心のよすがに信仰というものは必要なのだろう。無宗教な人間なのでどの神サマを信じているとか、どの戒律に従っているとかそういうことはない。けれども神サマの存在は割りと信じている。
 そして、それはきっと一人一人の心の中にいて奇跡を起こしてくれる「勇気」なのだ。
 今回は京都には降りない。岡山に向かう。でも次に京都に降り立つときは、自分発見と洒落込んで神仏の慈悲に触れに行くのも、悪くないかもしれない。
スポンサーサイト
EDIT  |  19:03  |  TB(0)  |  CM(7)  |  Top↑

2010.02.13 (Sat)

風の名

 高校受験の時に叔母が湯島天神で合格祈願をしてきてくれたことがあり、その時もらった鉛筆を見て初めて「東風」を「こち」と読ませることを知った。春に吹く東の風のことをいうらしい。
 気になって当時持っていた辞書で調べてみたところ、東と南だけは趣のある名前を見つけることができて、どうやら夏の「南風」は「はえ」と読むらしかった。いや、「はえ」は「蝿」を連想するから趣があるとは言えないか。
 岡山駅で香川に向かう列車を待っていたとき、同じホームにやってきた列車の名は「南風」。
 「はえ」が来たのかと一瞬思ったが違う。「なんぷう」だった。この列車をやり過ごして乗るのは次の電車。終点高松駅に向かう予定の旅。
 それにしても四季の豊かな日本のことだから、風の名前だってそれぞれにきちんとあるに違いない。そう思ってもう一度調べてみたところ「あなじ」という冬の北風があることを発見した。
 それでも西はこれだ、と言えるような風の名称が見つからなかったが、考えてみれば偏西風という常に西から吹く風があるのだ、西風には季節感がなくても仕方がないのかもしれない。とはいえ、郷土に馴染んだ東西南北の風はあると思う。残念ながら私が知らないだけで、きっと季節で吹く西の風もあるに違いない。
 ギリシア神話の中で西風は「ゼピュロス」といい、春を告げる豊穣の神とされている。日本では春の風は東、ギリシアでは西、そういう違いに風土の違いを感じる。
 私自身は、西風で手塚手塚治虫の『ユニコ』に登場するゼフィルスを思い出す。ビーナスの反感を買ったユニコーンの子供をその土地から連れ去り、見知らぬ土地に置き去りにすることを命じられた可哀想な西風。日の沈む方角から吹く風には郷愁を帯びる何かを感じるような気もする。
 冒頭の東風は、大宰府に左遷される菅原道真が詠んだ歌。

  東風(こち)吹かば にほひおこせよ 梅の花
     (あるじ)なしとて 春を忘るな  (『拾遺和歌集』より)

 鉛筆自体は「春を忘るな」ではなく「春な忘れそ」の方だったかな。
 2月の今日、梅のつぼみもほころぶ季節になった。強い風がよく吹く。雪も舞う。しかし、2月になると毎年梅が咲く。自宅の梅は今にも咲きそうだ。
 春が来た。
EDIT  |  09:30  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2010.02.20 (Sat)

大きな橋

 私が四国をふらふらしていたのと同じ時期に、同じ会社の同僚も近い場所を旅していたらしい。私が撮影した写真に写り込んでいる島と同じ(だと思われる)島が彼女の写真にも写り込んでいた。女性の私が見ても嬉しくなってしまうほどいい胸の形をしている島。私のは瀬戸大橋からの写真だったけど、彼女のは直島という島からの写真だったと記憶している。直島は芸術の島で、様々な芸術に触れあうことのできる島なのだとか。
 当時それを知っていたら私の四国路ももう少し違ったものになっただろうが、ただなんとなくの四国路は特に下調べをしたわけでもなく、漠然と香川に向かい、単純に初めての瀬戸大橋に興奮していた。何しろ中学の教科書で習って以来初めての瀬戸大橋だったから。
 海の中に小さな島々が浮かんでいる姿は美しい。小さい頃は帰省の度に天草から長島に向かうフェリーを利用したが、あのフェリーから見える光景はそりゃあ美しかった。今でもあの頃の記憶が脳裏に焼きついているから、似たような光景に出会うと不思議と懐かしさがこみ上げてくる。
 香川までは陸路を利用したので、東京から5時間ほど。明るい時間のほとんどを新幹線の中で過ごして夕暮れの瀬戸内海。もともと夏の日暮れは好きだが、見知らぬ土地の黄昏は格別だ。
 高松駅は終着駅なので、そこでぷつんと線路が切れている。駅は賑やかな商店街からほんの少し離れていて、ほんの少し寂しい。
EDIT  |  10:17  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2010.02.27 (Sat)

とんだ忘れ物

 実をいうと、四国旅は三つの大きな失敗をした。
 ひとつは無計画すぎたこと。行く先々で、あーしまった……という場面が多々あった。
 ひとつは風邪をひいたこと。東京駅でその兆候のあった私の鼻は高松の駅で完全に詰まってしまい、寒気やだるさまで感じるようになった。商店街にあるドラッグストアで風邪薬を購入したものの時すでに遅く、四国から戻った後もしばらく寝込んで仕事に復帰できなかった。
 そして、最後のひとつが……ブラジャーを忘れたこと。
 高松のホテルで旅行鞄を空けて真っ青になった。どうしてまたブラだけ忘れたんだ、私!
 一瞬はこのまま同じブラを使い続けることも考えた。付けないで済ますという選択肢もあった。が、いかんせん6月、それは耐えられないと思って朝一番でブラジャーを買える場所を探すことにした。他の女性がどうだか知らないけど、貧乳の私はブラなどジャスコやイトーヨーカ堂のバーゲン品で十分事足りる。しかし、高松駅近くに大型スーパーがある気配がない。三越があるけど、デパートでわざわざ買うほどの胸か私。
 散々探して、最後は勢い、専門の店で買うことにしたのだが、結局ふたつで3万円超取られてしまうという結果に。3万円なら、いつも使っているブラが10着は買えるのですがもーぅ……。
 見知らぬ土地というのは嫌だあね、とつくづく思った旅の2日目。
 そのとき購入したブラジャーは3万円という値段の割りに生地も安上がりで仕立てもそれほどいいものではなかったけれど、値段に気おされて捨てきれず、ずるずると今でも使っている。そろそろ捨てなきゃ、これ着けているときに万が一救急で運ばれたりしたら恥ずかしいかも? などと考えたりするこの頃だ。
 皆さま、旅行の際は忘れ物がないか、くれぐれもご確認のほど!
EDIT  |  00:00  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。