04月≪ 2009年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2009.05.03 (Sun)

得意なもの、無し

 人間失格という言葉が、時折自分のためにあるように思えてしまうことがある。料理が作れない、片付けができない、洗濯ができない、頭が良くない、仕事ができない……。時折、なんて言い方は控えめすぎるかも。事あるごとに自分の無能ぶりに打ちのめされている。
 もっとも、大概のことができなくても何とかなっているのであまり心配もしていない。
 料理ができない? コンビニがある。
 片付けができない? 散らかっているくらいが落ち着くのだ。(言い訳)
 洗濯ができない? 親がいるうちはとりあえず気にしない。(最低)
 頭がよくない? 世の中で成功したすべての人が高学歴とは限らない。(はず)
 けれども、「仕事ができない」だけは今、私の中で大問題になっている。私は今まで何をやってきたんだ? そして、何ができるようになったんだ? これから何を目指していくんだ? という答えが路頭に迷ってしまい、何もやって来なかったし、何もできないし、何をしていけばいいかもわからない、ような気になっている。そもそも、時間の使い方が拙い。繁忙期と閑散期との差がありすぎて、日付を跨いで働いているときもあれば、夕方にさっさと帰宅してしまえることもある。どうして平均して仕事がこなせないのかね私は……。
 それでも、繁忙期は仕事に追われてこのことを深く考えてみたりはしない。暇になればなるほど不安になる方式で、私にだけ仕事が割り振られていないのではないだろうか、と勘繰ってみたり、これだけ余裕があるならもっと勉強して技術をあげなくてはいけないんじゃないか、と焦ってみたり。そのくせ、通信教育なんてものを申し込んでみても壮大な計画を作りすぎて長続きしない。一体私は何がやりたいんだー!?
 とはいえ、何かやらなきゃ始まらない。実は、職場で資格取得奨励制度という制度が新設されて、今年度の計画を提出することになっている。連休中に何かできることはないかと考えてみるつもりだが、今までのように無謀な挑戦ではなく、身の丈に合った資格を探さなければいけないことが重圧になりつつある。うぅ……。
 どうせなら簡単に取得できて、しかも今の業務に役立てられて、さらに一生涯にわたって使える資格がいいのだが……。虫のよすぎる考えだろうか?
スポンサーサイト
EDIT  |  00:37  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2009.05.03 (Sun)

4月の検索キーワード

 黄金週間とはいえ、人込みは苦手なので引き籠りの予定。残念ながら初日の昨日は仕事だったが、今日から4日間は本と映画に(うず)もれて過ごすつもりでいる。あと、いい加減部屋を片付けて、通信教育の課題を出して……少し買い物に行きたいな。ゴールデンウィーク中は津田沼パルコで買い物をするとセゾンポイントが2倍なので、ジャケットでも買おうかな、と。
 さて、先月の半ばくらいから、このブログにアクセス解析を設置してみたのだが、意外と検索サイトから訪問してきてくれる人がいるようで驚き。しかもキーワードを見ると、かなりまじめな調べ物をしている人が誤って迷い込んでしまっている例もあったりして、期待はずれでごめんね・・・と、申し訳なく思ってしまう。もう少し良いものを書かないとな、と反省がてら、4月の検索キーワードのうち、気になったものにコメントを付けてみる。

◆アメリカひじき (24.4%)
 野坂昭如の小説『アメリカひじき』。野坂昭如は、ジブリ映画で馴染みの深い『火垂るの墓』の原作者。
 他に、「火垂るの墓」と抱き合わせで検索しているものや、「ひじきと間違えるもの」というキーワードも。どうやら、あらすじを検索しただがっていたようで、学校の課題か何かだったのかなとも思う。
 ちなみに、もしかして青空文庫に載っているかもしれないと思って探してみたが、冒頭部分しか掲載されていなかった。著作権は切れていないようだ。
 図書館で借りるか、書店で買って読んでほしいが、かなり読者を選別する文章なので、入り込めるかどうか、まずはパラパラと斜め読みしてから踏み込んでもらいたい。

◆水戸 女子高生 (13.2%)
 このキーワードが頻繁に入ってきているのを見て、まさか怪しいものを探して検索したわけじゃないよね? と、とても心配になってしまった私。
 水戸の女子高生の生態系でも調べていたのだろうか??

◆タイガー・リリーに嫉妬 (6.7%)
 最近、ディズニーから『ピーター・パン』のスピン・オフ映画が出たからか、このキーワードでこのブログに到達された方が7%近くいた。完全に見当外れの記事に当たったのではないかと思う。
 それにしても、タイガー・リリーって美人だよねぇ。羨ましい。彼女が本気になったら、ウェンディもティンクも勝てなかったりして?

◆バブルオーバー (4.4%)
 前の会社を辞める少し前に、先輩に連れていったもらったお店。ピーカンナッツのパイがたまらなく美味しい。機会があるならもう一回食べたいと切に思う。

◆ロバート ジョーダン 後継 時の車輪 A Memorty of Light (4.4%)
 故ロバート・ジョーダン氏の遺作の話を以前記事にしたが、最近になってもまだ氏の作品の行く末を気にしている方はいるようで、ファンの一人として嬉しく思う。
 ちなみに、A Memory of Lightは、Brandon Sanderson氏の手でさらに3分割されて、その1作目が近々出版されるらしい。日本で日本語訳が出るのはまだまだ先かもしれない。

◆やきとり大吉 市ヶ尾 (2.2%)
 田奈に住んでいた頃によく行った居酒屋。あのレバーが懐かしい。
 またいつか行きたいとは思うものの、行かれるはずもなく。
 大将はお元気でありましょうかね?

◆常盤平 タム美容院 (2.2%)
 た・・・・タム美容院?! そんな美容院があるのね!

◆東船橋 シュガーシャック (2.2%)
 私が今、一番気に入っている洋菓子のお店。ここのロールケーキが最高に美味しい。
EDIT  |  14:40  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2009.05.09 (Sat)

雨の季節

 雨が似合う季節はいつだろう。
 私にとって一番は夏なのかな。特に盛夏の雨がいい。ジリジリと鳴いていた蝉がふっと声をひそめたかと思う刹那に地面を叩きつける夕立、雲の上で暴れまわっている稲光。雨足はすぐに過ぎ去って、再び蝉の声に照りつける日差し。川内(せんだい)の懐かしい夏の風景だ。ゆっくりとうねる川内川が黒くよどんだかと思うとすぐに穏やかな流れに戻り、銀色のうねりが眩しく輝く。幼い頃の思い出。
 春から初夏にかけて振る雨というのは、シトシトと降り注いで冬の名残を連れてくるように思う。花曇りに始まって、菜種と付く梅雨、付かない梅雨。服装がどんどん軽くなる時期に降り続く雨は、ぼんやりしているとすぐにクシュンとしてしまうので用心が肝心。ここ数日も少し肌寒い。けれども、思うほどに気温は低くないので、少し動けば汗をかくほどに体が温かくなる。少しだけ不愉快だったりする。
 けれども、この時期の雨、似合っているのではないかな。
 道端の水たまりに、鮮やかに映えているパンジーを見つけてそう思った。
 桜の季節に愚図つく空は、桜の花びらを優しく包んでいるからと書いたのは俵万智という歌人で、それに感心したのは昔の私。雨が引き立てるといえば、紫陽花という花は雨の中で花開くことを約束されたような花で、炎天下に咲くそれはかえって味気ない。「水も滴る」という言葉は、瑞々しく魅力に溢れていることを意味している。静かな雨に濡れる花々には、晴れた日の光の下では映し出されることのない秘密めいた美しさがある。
 今の季節、花の上にそっと降り注ぐ雨がお似合いだ。
 けれども最近、びっくりするような激しい雨がこの時期にも降ったりする。最近は「ゲリラ豪雨」なんて呼ばれたりもするけれども、季節外れのスコールが雷と共に通り過ぎて行った夜、友人が「温暖化だ」と呟いた一言が今でも忘れられない。今よりももう少し寒い季節だった。
 地球が悲鳴をあげているのかも。急激な環境の変化に、地球そのものの調子が狂ってしまったのかもしれない。だからこそ私たちは「エコ」と叫んで様々な取り組みを行っているはずなのに、エコロジーを謳った製品に偽装が見つかったり、高速道路の通行料を下げて二酸化炭素を大量に吐き出してみたり、人間のやることってとにかく矛盾だらけだ。私自身を省みると、ついついレジ袋を使ってしまったり割り箸を使ってしまったり、紙コップを使ってしまったり、できるエコも実践していない。エコバッグもマイ箸もマイコップも持っているのに……。
 できることはきちんと実践しないとね。
 雨の日にそんなことを考えた。
EDIT  |  01:51  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2009.05.17 (Sun)

お知らせ



 裏サイトをようやく整理し終えましたので、ご連絡します。

流れゆく雲と
 一か月分滞納していた記事をUP。この頃はそれほど写真を撮っていませんが、ぼちぼち出かけてはシャッターを切っております。

この世で一番好きなのは
 実際食べ歩きはしているのですが、いつもコンパクトカメラを携帯し忘れてしまうのですよね。
 事務所も移転しますし、またぞろ再開させようと思っています。

フォトアルバム
 初めてコンパクトデジタルカメラを手にしてから今日に至るまでに撮り溜めたデジタル写真、一通りの整理が完了しました。
 これからも充実させていきたいと思っています。

今後とも、御贔屓のほどを!

EDIT  |  13:52  |  TB(0)  |  CM(12)  |  Top↑

2009.05.25 (Mon)

捨てるタイミング

 事務所が移転する関係で、数日前から引っ越し作業に追われている。引っ越しの何が面倒と言って、要るもの要らないものの選り分けが難しいことだ。普段使っているものなら考えるまでもなく必要なものだとわかるのだが、普段使わないものでも法的に保存する義務のあるものだったりすると一つ一つ確認しなくてはいけない。今まで一度も開けたことのないキャビネットからは、その手のよくわからない書類がわんさかと出てくる。出てくる……。
 逆に、確実に不要だとわかる書類もあって、こういうのは気持ちのいいくらいばっさりと捨ててしまえる。私自身が溜めこんだものだけでも結構な量があって、今日中に全部を処分してしまったら、残った私自身の荷物は異様に少なくなった。本当に必要なものって、これだけなのだな、って。
 そういえば、神奈川に引っ越したとき、神奈川から千葉の実家に戻ってきたとき、それぞれの引っ越しの時にも必要なものだけを運んで、不要なものは全部置いて行ったっけかね。ついつい溜めこんでしまう余計なもので、ついつい捨てそびれてしまうものってあるけど、引っ越しというのは身辺整理をして小ざっぱりとなれるいい機会なのかもしれない。
 実を言うと、千葉に戻ってきたときに以前残していった不要なものがそのまま自室に残されていて、そこの整理がつかないままさらに余計なものを溜めこみはじめているので、今や私の部屋は見るも無残な状態になっている。
 ……なんだかね、もう一度どこかに引っ越して、今度こそ要らないものをぜーんぶ捨ててしまいたいな、って気分。ほんと、なんとかならないかな、私の部屋。
EDIT  |  22:28  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。