01月≪ 2009年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2009.02.06 (Fri)

まずいまずい

更新が滞っています。
グレムズが枯れそうなので、ひとまず更新。
スポンサーサイト
EDIT  |  19:43  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

2009.02.21 (Sat)

ずぼらみち

 髪の毛が鬱陶しいと思うようになってから、かれこれひと月ほど経過している。なにしろ質の悪い癖っ毛、今や「鬱陶しい」を通り越して毎朝が憂鬱なのだが、なかなか美容院に行く目処が立たない。そもそも美容院に行くことさえも煩わしいと思ってしまう性分なので、よほどのきっかけがないと予約を入れて予定に組み入れるもの面倒だったりする。また、ようやく重い腰があがったとしても、何か差し迫った用事ができて邪魔をされた途端にげんなり! やる気は風と共に去り──
 まさに今がそんな状態。
 この一ヶ月間というもの、毎週のように重大な障害が起こっていたので、髪の毛のことだけでなくて、色々なことが停滞してしまった。とはいえ、それもようやく一段落。どこぞの知事ではないけれど、「どげんかせんといかん」時期ですな。よし、髪の毛切るぞ。と思ったのに、今週末はこれまた色々とあって無理。来週……大丈夫かなぁ、と、また気持ちが萎えてしまうかもしれなくて心配だったりする。

 お金を使わない20代のことを「新ニッポン人」と呼ぶらしいのだが、この特徴は割と私に当てはまっていると親が言うので、どれどれ、とググッてみた。つまり、こういう人間のことらしい。

1.車を買わない、興味がない
2.高級料理店で食べない
3.極端に貯金をする
4.貯金をしても目的がない
5.暴れない
6.海外旅行に興味がない、行かない
7.ビールよりサワーを飲む
8.マージャンをしない
9.マクドナルドで100円コーヒーを手に持って永遠に話すのがすき


 当てはまっているのもあるし、ないのもあるし、なんだかこの定義に当てはめた途端に、私の個性がなくなってしまったような気になる。
 もしもこのリストに「やる気がない」という項目があれば、私は素直に肯定するしかない。なぜだかやる気がいつも沸いてこないし、やる気が出ても次には憂鬱になってしまうから。
 すべき理由を見つけるより、せずに済む「言い訳」を探してしまう。
 要は「ずぼら」だってことなのだけど。これを認めると、それはそれで落ち込んでしまう。困った性格だ。けれども、これでも「頑張ろう」という気持ちだけは一人前にあるのですよ、一応。
EDIT  |  01:32  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2009.02.23 (Mon)

とんでんの名物おばちゃん

 まったく同じ食材を使っても、私の作る味噌汁と母の作る味噌汁とは味がまるで違う。出汁の取り方や、火加減、味噌の分量など、些細な違いのようでも、結果は大きく出る。だから、チェーン展開しているファミレスの味が全国津々浦々同じ味である、というのはちょっとした錯覚に違いない。具材からソースまで、すべて調理されているものを温めて出すだけということでもない限り、料理の味はそれぞれに個性が出てくるものなのだろうと思っている。
 昔、家の近くに「とんでん」という和食レストランが二軒あった。一軒は歩いて行かれる場所にあり、小学生の頃から、私の家で外食といえばこの「とんでん」に行くのと同義語で、味が割と保証されていることと、満腹になれることが好評で、周囲に何件かレストランはあるけれど、常にこの「とんでん」を贔屓にしている。ご贔屓は私の家だけではないようで、週末の混雑振りは、待ち時間、浦安にあるテーマパーク並み。
 もう一軒は、車で10分ほど行った場所にあって、何かのついでに一度だけ寄ったことがあったのだが、今は閉店してしまっている。量が少なくて満腹感が得られず、味はよく覚えていないのだが、がっかりしてしまった記憶だけがある。同じ名前を冠したレストランでも、違うものなのだなぁとその時に感じたものだが、一軒は今でも大盛況、一軒は撤退、客の目は真実厳しい。
 贔屓の「とんでん」には名物おばちゃんがいる。私が高校生くらいの時から働いているので、もうベテラン中のベテランなのだろう。
 店内の誰よりも元気で、どこからでも「いらっしゃいませー!」の声が聞こえてくる。しかも大山のぶ代さんの声に似ていて小柄なので、姿の見えない状態で「いらっしゃいませ」と言われると、ドラえもんが歩いているんじゃないかとドキドキしてしまう。注文を受けているときも何となく世間話をしているような雰囲気。週末の混雑に巻き込まれてしまったときには、「ごめんねぇ、もう少しだからねぇ」とますます世間話風。
 もちろん、会計時に「おみやげにいかがですか?」と“草餅”やら“べこもち”やらを勧めてくるのも忘れない商売人。
 そんなおばちゃんのことが私は大好きなので、食べに行ったときにおばちゃんが働いていないとすごく淋しい。
 もう還暦に近いのではないかな。
 矍鑠としていてとても元気なおばちゃん。これからも「とんでん」の名物おばちゃんで居続けてほしいです!
EDIT  |  22:23  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。