05月≪ 2008年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2008.06.07 (Sat)

しゃぶしゃぶ

 難易度の高低にかかわらず家庭の食卓に上らないメニューは、どこのお宅にもあると思う。私の家にはそういうメニューが色々とあり、それが認知されているとかされていないとかにかかわらず、作られることがない。
 家で作られない料理の中で、個人的に「なんでー?」と思っているのが、「冷しゃぶ」は食卓に上るのに「温しゃぶ」が食卓に上らない点。そもそも、一昔前まで「しゃぶしゃぶ」の概念自体が家の中になく、冷しゃぶを作り出したのも私が中学生の時、母娘二人で泊まりに行った叔母の家で冷しゃぶが夕食にのぼったというのがきっかけだった。
 サラダの上に湯がいた薄切り肉を冷まして乗せて、市販のドレッシングをかけるだけでいい。その手軽さとヘルシーさが母にヒットしたようで、以後夏になると食卓に上る定番メニューになった。けれども、温しゃぶだけは未だに食卓にのぼったことがない。
 なんでー?
 鍋やらコンロやらの片づけが面倒だから、なの?

 その一方で私自身はと言えば、それは去年のこと。
 秋バラ鑑賞の帰りにたまたま友人と会う機会があり、近所のしゃぶしゃぶ温野菜で念願の「しゃぶしゃぶ」を食した。お店自体も、私が田奈に住んでいた頃から気になっていたもので、出戻り先にもあることを知ってからは機会あらば行こうと心に決めていた。
 かくかくしかじかの事情があるので、よくよく考えてみればこれが「しゃぶしゃぶでござい」としゃぶしゃぶを食べたのは初めてだったのかも。
 ここのお店は鍋だしが何種類かあり、好みで1つないし2つを選べるようになっている。今回は昆布だしと豆乳の2種類を選んでみた。さて、しゃぶしゃぶするぞー!
 ……と、始めてみたはいいものの……。
 真新しいものへの興味もあって、最初の数枚はそれこそしゃぶしゃぶと湯がいてみていたものの、途中で秋だけに飽きが来て(寒)、結局残りは全部一気に鍋に放り込んでしまった。これではただの鍋だ。

 要するに、私自信はしゃぶしゃぶのできない体質である様子。私だけではなく家族もそうなのか、なぁ?
スポンサーサイト
EDIT  |  08:53  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。