06月≪ 2007年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2007.07.01 (Sun)

アメリカひじき・火垂るの墓

作: 野坂昭如

<収録作品>
 1.火垂るの墓
 2.アメリカひじき
 3.焼土層
 4.死児を育てる
 5.ラ・クンパルシータ
 6.プアボーイ

 「戦中・戦後」を生き抜いた、あるいは生き抜けなかった少年少女達を主人公に描いた短編集。
 全体的に一本調子の文体でまとめ上げられていて、その技量には感嘆するものの、他人を寄せ付けない風がある。私には難解。

<火垂るの墓>
 映画を観たのは幼稚園生の頃だったかと思う。私がというよりは、父が『となりのトトロ』を観たかったらしく、私をだしに映画館まで連れて行ったのだが、その際同時上映されていたのが『火垂るの墓』だったはず。
 昔の映画館はいつ入場するのも自由だったし、いつ退場するのも自由だったような気がするので、映画を観た順番もあてにならないのかもしれない。とりあえず私が観た時は、『火垂るの墓』が最初で、『となりのトトロ』がその次だった。『トトロ』観るつもりで『火垂る』が始まったものだから、当時の私には何が何だかわからず、意味はわからないまでも号泣で、「せっちゃんかわいそう、かわいそう」と思ったものだ。
 それ以来、映画は観ていない。あまりにも切なかった当時の印象が今でも強すぎて、もう一度観たいとはどうしても思えないでいる。
 そんな私だから、原作を読んで「詐欺だろう」と最初に思った。……泣けない。流暢すぎて、頭の悪い私には取っつきにくい文体だということもある。それよりも、この作者は感激や同情を求めているのではなく、ただ、ありのままをありのままに、書いたのだろうと思えた。それも、さらりと流す独特の語り口で。
 先だって蛍が飛ぶのを観てきた。蛍の光は人の魂の光だというけれども、あの妖艶な光を見ていると、ふむ、さもありなん、と思えてくるから不思議。

<アメリカひじき>
 『火垂るの墓』に比べれば、はるかに『アメリカひじき』の方が私は好きかもしれない。(かなり大人向けな作品だが)
 妻子が海外で知り合ったというアメリカ人夫妻が日本に来て自分の家に滞在する。そのアメリカ人夫妻がかなり図々しく家に居座る。そんなシチュエーションを、アメリカ軍が日本にどかんと腰を降ろして占領した戦後の情景と重ね合わせるように物語が進行する。
 表題の「アメリカひじき」は、食うに困っていた戦後の混乱期に、猫ばばしてしまったアメリカの物資の中に入っていた“紅茶”を“ひじき”と間違えたというエピソードで最後が締めくくられるのに由来している。紅茶の存在を知らなかった当時の主人公の母親が、煮出しても煮出しても灰汁が出る・・・と何度も灰汁抜きを繰り返して食卓に並べたその紅茶。当然ながら食べられた代物ではなかった、という苦い思い出話。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  00:31  |  TB(1)  |  CM(7)  |  Top↑

2007.07.01 (Sun)

うそぉん

 今現在携わっている案件が始まったのはかれこれ1年半前。いやはや、長かった。ようやくにして物ができあがってきた。提供しても大丈夫かどうかを、このシステムの利用部署に確認してもらうという局面。
 そんな折りにやってきた他部署のひとりと、たまたま入社三年目に受講する研修で一緒になった。……? 同期?
 と一瞬思ったものの、見覚えもない人なので違うだろうと結論。その時の研修は中途の四年目との合同研修だったので、「ああ、この人中途なんだ」と自分なりに納得。それでも心配になって、一番信頼のおける私の同期に尋ねたところ、彼女も即答で「知らない人だから中途だよ」と言う。やはり中途の方かと胸をなで下ろす。そもそも、どう見たって三十代。
 間に研修を挟んだものの、件のユーザ確認が無事に終わったところで、ユーザ側の方々が、システム部員のねぎらい会を催してくれた。当然、問題の中途さんも一緒。合間に二人で研修なんぞに参加してきたものだから、のっけから話題は研修のこと。
 当然、「いやぁ驚いたね、タムさんと××が同期とはねぇ」と言われる。当然、私は「でも、××さん、中途なんですよね?」と言う。一瞬場がしらけ、おずおずと中途さんが、「ボク、新卒ですよ」と言う。
 ……?
 嘘ぉん!?
 一同どっと笑いが爆発し、ひとりが、「だよね、こいつ、老けてるよね」と言うものだから、自分も思わず、「老けてますよね」と。またしても笑いの渦。ごめん。
 それにしても、同期って120人しかいないんだけど。(今はもう随分減ってしまったけど)
 …なんで見覚えがないのだろう。情けない。
 家に帰ってから、集合写真を急いで確認した。……確かに存在してる。うわー、なんで覚えてないんだろう、私……。

テーマ : 小話 - ジャンル : 就職・お仕事

EDIT  |  23:03  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。