06月≪ 2007年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2007.07.01 (Sun)

アメリカひじき・火垂るの墓

作: 野坂昭如

<収録作品>
 1.火垂るの墓
 2.アメリカひじき
 3.焼土層
 4.死児を育てる
 5.ラ・クンパルシータ
 6.プアボーイ

 「戦中・戦後」を生き抜いた、あるいは生き抜けなかった少年少女達を主人公に描いた短編集。
 全体的に一本調子の文体でまとめ上げられていて、その技量には感嘆するものの、他人を寄せ付けない風がある。私には難解。

<火垂るの墓>
 映画を観たのは幼稚園生の頃だったかと思う。私がというよりは、父が『となりのトトロ』を観たかったらしく、私をだしに映画館まで連れて行ったのだが、その際同時上映されていたのが『火垂るの墓』だったはず。
 昔の映画館はいつ入場するのも自由だったし、いつ退場するのも自由だったような気がするので、映画を観た順番もあてにならないのかもしれない。とりあえず私が観た時は、『火垂るの墓』が最初で、『となりのトトロ』がその次だった。『トトロ』観るつもりで『火垂る』が始まったものだから、当時の私には何が何だかわからず、意味はわからないまでも号泣で、「せっちゃんかわいそう、かわいそう」と思ったものだ。
 それ以来、映画は観ていない。あまりにも切なかった当時の印象が今でも強すぎて、もう一度観たいとはどうしても思えないでいる。
 そんな私だから、原作を読んで「詐欺だろう」と最初に思った。……泣けない。流暢すぎて、頭の悪い私には取っつきにくい文体だということもある。それよりも、この作者は感激や同情を求めているのではなく、ただ、ありのままをありのままに、書いたのだろうと思えた。それも、さらりと流す独特の語り口で。
 先だって蛍が飛ぶのを観てきた。蛍の光は人の魂の光だというけれども、あの妖艶な光を見ていると、ふむ、さもありなん、と思えてくるから不思議。

<アメリカひじき>
 『火垂るの墓』に比べれば、はるかに『アメリカひじき』の方が私は好きかもしれない。(かなり大人向けな作品だが)
 妻子が海外で知り合ったというアメリカ人夫妻が日本に来て自分の家に滞在する。そのアメリカ人夫妻がかなり図々しく家に居座る。そんなシチュエーションを、アメリカ軍が日本にどかんと腰を降ろして占領した戦後の情景と重ね合わせるように物語が進行する。
 表題の「アメリカひじき」は、食うに困っていた戦後の混乱期に、猫ばばしてしまったアメリカの物資の中に入っていた“紅茶”を“ひじき”と間違えたというエピソードで最後が締めくくられるのに由来している。紅茶の存在を知らなかった当時の主人公の母親が、煮出しても煮出しても灰汁が出る・・・と何度も灰汁抜きを繰り返して食卓に並べたその紅茶。当然ながら食べられた代物ではなかった、という苦い思い出話。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

EDIT  |  00:31  |  TB(1)  |  CM(7)  |  Top↑

2007.07.01 (Sun)

うそぉん

 今現在携わっている案件が始まったのはかれこれ1年半前。いやはや、長かった。ようやくにして物ができあがってきた。提供しても大丈夫かどうかを、このシステムの利用部署に確認してもらうという局面。
 そんな折りにやってきた他部署のひとりと、たまたま入社三年目に受講する研修で一緒になった。……? 同期?
 と一瞬思ったものの、見覚えもない人なので違うだろうと結論。その時の研修は中途の四年目との合同研修だったので、「ああ、この人中途なんだ」と自分なりに納得。それでも心配になって、一番信頼のおける私の同期に尋ねたところ、彼女も即答で「知らない人だから中途だよ」と言う。やはり中途の方かと胸をなで下ろす。そもそも、どう見たって三十代。
 間に研修を挟んだものの、件のユーザ確認が無事に終わったところで、ユーザ側の方々が、システム部員のねぎらい会を催してくれた。当然、問題の中途さんも一緒。合間に二人で研修なんぞに参加してきたものだから、のっけから話題は研修のこと。
 当然、「いやぁ驚いたね、タムさんと××が同期とはねぇ」と言われる。当然、私は「でも、××さん、中途なんですよね?」と言う。一瞬場がしらけ、おずおずと中途さんが、「ボク、新卒ですよ」と言う。
 ……?
 嘘ぉん!?
 一同どっと笑いが爆発し、ひとりが、「だよね、こいつ、老けてるよね」と言うものだから、自分も思わず、「老けてますよね」と。またしても笑いの渦。ごめん。
 それにしても、同期って120人しかいないんだけど。(今はもう随分減ってしまったけど)
 …なんで見覚えがないのだろう。情けない。
 家に帰ってから、集合写真を急いで確認した。……確かに存在してる。うわー、なんで覚えてないんだろう、私……。

テーマ : 小話 - ジャンル : 就職・お仕事

EDIT  |  23:03  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.07.07 (Sat)

健康診断

 健康診断を受けに新橋まで行ってきた。
 なぜに新橋?
 と最初に聞いた時にはその遠さにぎょっとしたものの、行けと言われれば行くしかなく。行ってきた。
 行った場所は、もしかしたら有名な診療所なのかもしれない。狭くてオンボロな診療所なのに(失礼)、健康診断を受けに相当な人が集まっているのだもの。いや、ほんと。爺さん婆さん(失敬!)がたむろっているような近所の診療所とはえらい違い。いやいや、ほんと。
 検査は通り一遍の簡単なもの。30分くらいで終了。30分のために片道1時間以上かけて行った私って……。
 汐留の方を仰ぎ見れば大層ご立派な建物が並ぶのに、その割には古めかしい町並みであるのが不思議。新旧同居といったところ。きったないけど、嫌いじゃないかも。
EDIT  |  16:41  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2007.07.14 (Sat)

牛ヒレのソテー モツァレラ添え

 ネタを明かすと、ちょっと前に行ってきた健康診断は会社で定期的に実施しているものではなく、諸事情あっての健康診断。
 最初の連絡をもらったときに、メールには「前日夜は9時以降何も食べないこと。朝は食べずに来ること」と書いてあった。
 私が会社で受ける健康診断は、身長・体重・視力・レントゲン・尿検査・面談のみのお気楽コース。朝食はばっちり食べてきてOKだし、前日酒を飲んではならないとも書かれていない。(※飲まないのが常識です!)……なので、これはてっきり飲んだこともないバリウムを、とうとう飲む日がやってきたものと勘違い。蓋を開けてみれば、いつもの健康診断に、血液検査と聴力検査、心電図が加わっただけだったのだけど……。

 可哀想なタム! 朝から何も食べていない。

 可哀想なタム! 健康診断は11時30分からだったのに。

 私から食事を抜かすということは、要するに、何だ、私らしさを放棄せよと言っているのと同じこと。健康診断の間中、空腹で死んでしまうかと思ったとも。当然ながら、診断を終えて真っ先に向かったのは食事どころ。
 なんだかぱっとしないイタリアンレストラン風な喫茶店で注文したのが「牛ヒレのソテー・モツァレラ添え」。とにかく肉が食べたい! 肉、肉、肉♪ と思って注文。
 しかし、定食天国・新橋。
 出てきたスープもサラダも、レストランというよりは定食屋さんという感じ。どことなく安上がりな感じ。
 けれども、メインディッシュの牛ヒレのソテーはボリューム満点。二人掛けのテーブル一杯に皿が並ぶ。(……二人で食事に来た時にはどうしたらいいのだろう……?)
 肉が少々固かったのが難点ではあれ、チーズにバジルソース、味付けは最高。お値段、1,000円也。安~っ?!
 そんな感じで、満腹天国に浸って帰った健康診断でした。

※ 写真は本文の内容とは関係がありません。梅雨ですね。(台風だ)
EDIT  |  15:39  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.07.15 (Sun)

真昼の月

 台風が近づいていることもあるし、時期も時期。雨降りな日が続くからこそ、今日はこんな写真でもいかが?(見づらい場合には写真をクリックすると拡大します)
 真昼の月。
 時刻は、とある日の午後2時頃。梅雨がなかなか訪れず、真夏のような日差しが照りつけていた頃のこと。ふっと見上げた空にぽっかり浮かんだお月様。こんな時間に、あら、お月様。
 昼のお星は目に見えぬ、と金子みすずを持ち出す暇なく素直に驚いてしまった。こんな真っ昼間でも見えるものなのか。昼のお月は目に見える。
 思わずカメラを向けたけれども、残念ながらそれほど性能のいいものではないので、これ以上大きくは撮影できず。一瞬、雲と見紛うような淡い月。写真で見るよりは、はるかに目で見た方が綺麗な月だった。
 それにしても、見事にこの三連休は雨、また雨。降らなければ降らないで水不足が心配になり、降ったら降ったで水害が心配になる。自然の猛威は人知の及ぼしがたく、真昼の月の如くに自然の神秘またしかり。今日は部屋の整理整頓でもして過ごそうか。
EDIT  |  10:45  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.07.16 (Mon)

乗り物にご用心

 高校の文化祭に行ってくるから、と意気揚々と出かけていった妹。
 その30分後に電話が鳴り、「電車内で倒れて××病院に運ばれました」とな。めでたし、めでたし。
 ……なわけないでしょっ?!
 病院ですって!!
 出かける瞬間はあんなに元気だったのに、「何があったの……?」とオロオロな母。そりゃそうだ。具合が悪くなって病院に運ばれるなんて、タムの家では前代未聞な出来事。おまけに搬送先の病院……。
 どこそれ?
 場所さえ知らない。それまた間抜けな話で。
 だから慌ててネットで検索。
 ひっかからないし。
「いや、大丈夫、タクシーの運転手さんなら知ってるよ!」
「そうね、でもタクシーの電話番号知らないよ」
「あたしケータイに入れてある」
「あら、気が利くわね。・・・でも何で入れてあるの?」
 そりゃ、いつも終電逃すからですよ、母上。
 すったもんだの挙げ句にタクシーを呼び、母は病院へ飛んでいった。
 その1時間後。
 母と私と妹。3人で仲良く昼ご飯。
 蓋を開けてみれば大した話ではなくて、単に電車内で貧血を起こしたらしい。女性特有の症状が一番ひどい時で、今朝からずっと腹痛をかかえていたのだとか。
「そのまましばらくじっとしていれば治ったのに」
 と妹が言えば、
「ほんと、これで診察代取られるなんて馬鹿馬鹿しいわね」と母。
 とにかく何事もなくて、何よりですよ。ね?

 最近はめっきり減ったけれども、私自身は乗り物で気分が悪くなりやすい体質。
 特に冬から春にかけてが多く、中が暖かいのに厚着をしているから、気持ち悪くもなりやすいらしい。大概、最初に喉が渇いたな、と思い、それを我慢しているとクラクラしてくる。
 とはいえ、倒れる前に電車を降りるのだけど。
 水をがぶ飲みして、電車を2~3本見送ればケロリと治ってしまうので、いつも事なきを得ているというか。まぁ、そんなところ。
 よく電車のなかで具合を悪くして駅員さんに運ばれている人を見かけるけど、やっぱり思うのは、そこまでひどくなる前に自分から電車を降りなきゃダメだよってね。
 多分、妹も電車を降りようと思えば降りられたのだろう、と思って聞いてみたら、「そうだ」と返答。
「でもさ、ギリギリの電車だったし。待ち合わせ間に合わなかったらって思ったんだもん」
 ……だったら、余裕をもった行動をしましょうよ。
EDIT  |  10:43  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2007.07.19 (Thu)

ダブル・ブルー

 就職氷河期を脱したとは言っても、それは男子学生に限った話。一般職、地域職の口は開かれていても、総合職を探そうとすると、悲しい話、これがなかなか見つからない。
 テンポ良く内定を勝ち取っていく男友達を尻目に、「見つからないねえ」と女同士で溜息をつく。
 女性を積極的に採用と言っていても、そのほとんどが事務職。パートすれすれの仕事というのも多い。
 残業くらいしたっていいさ。毎日を単調な事務作業で明け暮れる仕事だけはしたくない。そうは思っても実体は……。
 私が就職活動をしていた時期というのは、これが女子学生を取り巻いていた環境だったと思う。男女格差は間違いなくあったのだろう。平凡な学力の女子大学生には、ひとつの内定を取ることが本当に難しい時期だった。
 だから今の会社に拾ってもらった時、もうあんな就職活動の苦しみは味合わずに済むと安堵したもの。今になって再びリクルート・スーツを着て転職活動をしているなんて、自分だって想像しなかった。
EDIT  |  21:49  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑

2007.07.21 (Sat)

夢中になりすぎて

 電車に乗っているときの一定のリズムが心地よくて、ついつい寝入ってしまう。はっと気が付いたら下車駅で、扉が閉まるところ。こんなことは日常茶飯事。
 ひとつ手前の駅で目を覚ましていたのに、下車駅で寝入っていたり、なんてこともよくある。(もっとも酔っぱらっているときは案外そういうことがないような? だりむくりの帰省本能は素晴らしい!)
 この間も、3つほど先の駅ではっと乗り過ごしに気が付いた。
 また寝入っちゃったの?

 いいえ、違います。

 本に夢中になりすぎて。
 丁度その時読んでいた小説が、まさにまさにクライマックス。のめり込んで感情移入。ハラハラ、ドキドキとページを捲っていたら、車内のアナウンスも聞こえずに……。
 あー、面白かった。
 だけど、熱中しすぎは要注意。過ぎたるは及ばざるがごとし。
EDIT  |  22:05  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

2007.07.29 (Sun)

僕の生きる道

作: 橋部敦子

 相変わらず情報の遅い私、今頃になって、“小説”を手にして号泣。

 平凡に生きることを望んでいた高校教師に、ある日突然、死の宣告。残された余生を精一杯生きることを決意したその「生き方」が、周囲を巻き込んで変えていく物語。

 あたしだったらこんな生き方できないなぁ・・・。

 あと一年、と宣告されて、教師なんて続けられるかな。たぶん、続けられないと思う。中村先生みたいに、前向きに気持ちを切り替える前に、一年を過ごしちゃうんじゃないかしらん。
 作品の端々にあるセリフがいい。ちょっとクサいけど。
 それにしても、残された時間を精一杯生き抜こうともがいた中村先生の姿は、少し、切ない。
EDIT  |  17:29  |  TB(0)  |  CM(5)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。