06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  Top↑

2008.05.17 (Sat)

ヘルシング

 ルーマニアはトランシルヴァニア地方のワラキア公ヴラド3世(Vlad Ⅲ)と聞けば、好きな人は真っ先にドラキュラ公のことだと思いつく。「ドラキュラ(Drakulya)」は本来「小竜公」という意味で、竜騎士団の騎士であった父親が竜(ドラコ)の名をとって「ドラクル(Drakul、竜公)」と呼ばれたことに由来する。ルーマニアを脅かすオスマン・トルコと戦い、ルーマニアをよく守った英雄でもある。
 トルコ兵のみならず、重罪を犯した自国の農民・貴族に幅広く串刺し刑を適用したことでも有名で、この行動とドラキュラという呼び名(竜は同時に悪魔の使いでもある)の響きに閃いたブラム・ストーカー(Bram Stoker)によって、(ヴラド3世本人にとっては甚だ不名誉なことながら、)かの名作『吸血鬼ドラキュラ(Dracula)』が著された。この作品に登場するのが名高きエイブラハム・ヴァン・ヘルシング(Abraham Van Helsing)、吸血鬼と戦う60歳のお爺さんだ。

 『X-MEN』のウルヴァリンといえば全身タイツ(それも黄色)姿で闘うカッコイイおじさまだ。マスクで顔は見えないが、絶対にダンディーなおじさまだ。絶対に若くない。そもそもプロフェッサーXより年上だという疑惑もある。だからこそ、映画の中でヒュー・ジャックマン(Hugh Michael Jackman)が演じたウルヴァリンはまったくの別人としか思われない。
 思われないだけでなく、本当に別人に仕立て上げられているのが映画『ヴァン・ヘルシング(Van Helsing)』の主人公(ガブリエル・)ヴァン・ヘルシング。どう見ても60歳の老学者ではない。ヒュー・ジャックマン扮するヴァン・ヘルシングは若々しく、そしてワイルドだ。
 この映画『ヴァン・ヘルシング』については、主演を別人と勘違いして映画館まで足を運んでしまったという苦い思い出がある。わざわざその俳優を観たいがためにチケットを買ったというのに、ヒュー・ジャックマンが登場してくるのだから、心底驚いた。
 映画自体は、“ジキルとハイド”が登場するやら、“フランケンシュタイン”が好演しているやらとやりたい放題。おまけにヒロインが主人公を助けて命を落とすというあるまじき展開で、どうにも納まりの悪い終わり方だった。けど、内容はともかく音楽が大変良くて、弦楽器の軽快なリズムが流れている瞬間は気持ちが和む。
 この作品に関しては、ノベライズ本を一緒に読むのがいい。主人公の心の動きが文字の中で現れてくるので、映画そのものをより一層楽しめるようになっている。

 なお、ヒュー・ジャックマンその人は私のツボを突いてくる俳優らしく、ウルヴァリンやヴァン・ヘルシングでワイルドな役柄を演じたかと思えば、『ニューヨークの恋人(Kate and Leopold)』ではこれまた別人のような優男。しかしそこが大変宜しい。特にマーガリンのシーンで見せた甘いマスクは手放しに、萌える(笑)。
 メグ・ライアン(Meg Ryan)のキュートな演技も、一見の価値あり。
EDIT  |  01:31  |  TB(2)  |  CM(4)  |  Top↑

Comment

最近、映画とはとんとご縁がないので、誰?その俳優さん誰???
という感じです。
残念。
一週間に一本は見ていた頃もあるのにな。

そしてそして、ドラキュラ。
そういう所から来ているんだなどと、タムさんの知識の広さに感心しつつ、読ませていただきました。
なるほど。
ひよこママ |  2008.05.17(Sat) 12:34 |  URL |  【コメント編集】

ホントに!

どんな作品であっても、知識があって見るのと見ないのでは全然イメージが変わるでしょうね!

それでも相変わらず興味の無いジャンルへの知識収集を拒否するワタクシ(変わらん)。
また久々に映画もいいかもね~。
目標!最低今年中に映画館で一本(笑)
(∂∇∂) |  2008.05.17(Sat) 16:38 |  URL |  【コメント編集】

モンスターハンター

 映画「ヴァン・ヘルシング」は、私も観ました。
 ヴァン・ヘルシングが、不死身のモンスターハンターとして活躍する映画ですよね。
 CGがとても綺麗でした。
 私は、ホラー映画だと思って観たのですが、ちっとも怖くなくて、アクション映画に思えました。
 バチカンとも関係があり、色々な怪物が出てきて、最後は大天使ガブリエルまで登場するストーリーは面白かったです。

 ドラキュラのモデルと言われるヴラド・ツェペシュが統治した時代には、街の井戸に金のコップを置いておいても、盗みの罪で串刺しにされるのを恐れ、誰もそれを盗むことはなかったと聞いたことがあります。
myth |  2008.05.18(Sun) 00:33 |  URL |  【コメント編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.05.20(Tue) 13:44 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

【ヴァン・ヘルシング】

こーゆう化け物系にしては結構 面白かったです。 評価 : 5/10
2008/06/15(日) 00:47:39 | Watch IT!

-

管理人の承認後に表示されます
2014/04/04(金) 02:43:40 | 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。